Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

Microsoft Teamsの特徴、事例、Slackとの対比

Microsoft 製のグループチャットツールである Microsoft Teams に関して、 以下の内容をまとめます。

  1. 特徴
  2. 事例
  3. Slack との比較

特徴

  • グループチャットツール
  • Office 365 の1機能として提供されている
    • Office 365 のライセンスがあれば別途費用はかからない
  • スレッド構造
  • グループチャット
  • 音声通話
  • ビデオ会議
  • チーム切り替え
  • グループ機能
  • Emoji
  • ミーム機能(イラストに文字列を埋め込みする)
  • リッチなテキストスタイル
  • チャットミーティングの予約機能

抜粋

ミーム機能お試し」という部分は私が埋め込んだテキストです

f:id:tbpg:20170513003825p:plain

  • リッチなテキストスタイル

f:id:tbpg:20170513003832p:plain

チャットの用途から考えてリッチに設定できないでシンプルなほうがいい、という意見もありそう

  • スレッド構造

Slack と異なり、基本がスレッド構造になっている。
※Slack もThread機能はあるがあくまでOptional

f:id:tbpg:20170513003837p:plain

  • チャットミーティングの予約機能

Slack も reminder などがありますが、こちらは予約に特化した機能があります

f:id:tbpg:20170513003842p:plain

事例

まだ歴史が浅いということで海外の事例が1件のみで、他は見当たりませんでした。

customers.microsoft.com

スピーディーな意思決定の事例としてカーレーシングの事例がでてくると
「ああ、本当にスピーディーな意思決定が必要だな」
という謎の納得感がありますね。

Slack との比較

優れた点

  • Office365導入済みであれば追加費用が不要
  • Office製品と連携しやすい
  • セキュリティ面

会社全体でMicrosoft製品を使用していて、各種セキュリティ要件が厳しい場合については
Slackよりも導入しやすくかつ便利な場面が多そうに思います。

Office製品の連携がかなり強力で、例えばかんばんツールの Planner をタブに埋め込んでおけば
Microsoft Toolsだけ開いておけばチャットとかんばんによるタスク管理の両方を操作できる、
というような使い方ができます。

f:id:tbpg:20170513003906p:plain

ただ、Planner自体がかなり使い勝手が・・・いや、それはTeamsそのものとは関係ないですが。

その他もExcelやパワーポイントをタブに追加して、それを見ながらチャットをしたりなど組み合わせは様々です。

劣った点

  • 外部連携ツールの対応量で劣る
  • 歴史が浅いので現時点での情報量が少ない
  • 歴史が浅いので現時点での導入事例が少ない

Teams の外部連携はコネクタという仕組みが容易されています。
2017/05/12時点で86種類あります。
Slack側のAppの数は不明ですが、おそらく現時点ではSlackが多いでしょう。
その分 Office 製品との連携は充実していますけど。

まとめ

Microsoft製品ということもあり、Slackよりもカッチリとしたビジネス向けの
機能が豊富になっているな、という印象をうけました。

  • 事情により Slack は導入できない
  • 開発者以外の職種の方にも使ってもらいたい

などのユースケースで活躍しそうなツールですね。

関連資料