Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

GitHub の新フィーチャー Projects と Waffle.io どちらを取るか現時点での評価をしてみた

f:id:tbpg:20160915223720p:plain

2016/09/15 に GitHub の新機能が公開されました。
その中の一つに Projects があります。
私はある現場で Waffle.io を約1年使っています。
のせかえるかどうか評価したかったので一通りさわってみることにしました。

Projectsとは?

github.com

GitHub の Issueはステータスを管理する機能がありません。

そこで Waffle.io, ZenHub のようなカンバンビューを持つ外部サービスを活用すると、
TODO・DOING・DONE などのステータスをレーンで管理できたり、
レーン内のカードの並び順で優先度を表すことができます。
またカンバンになっていることでプロジェクトの現状がひと目で把握できます。

これらに相当する機能が GitHub 本体についたのが Projects です。

プロジェクト

プロジェクト1つのカンバンを管理する概念 で、名前と説明文を設定できます。
1つのリポジトリに対して 複数のプロジェクトを作成することができます

プロジェクトは作成、編集、削除が可能です。
クローズの概念がないようなので、マイルストーンとワンセットで
扱うような使い方は微妙そうです。

作成

  • Create a project をクリック

f:id:tbpg:20160915223805p:plain

  • Name, Description を入力する

f:id:tbpg:20160915223810p:plain

  • プロジェクトが作成されました

f:id:tbpg:20160915223819p:plain

カラム

カラム はカンバンでいうところの レーン です。

追加

Add column をクリックし、 Column name を入力して Create column をクリックすることで
カラムを追加することができます。

f:id:tbpg:20160915223832p:plain

f:id:tbpg:20160915223840p:plain

カード

カード はいわゆるカンバンのカードです。一つのストーリーやタスクを扱います。
Issue や Pull Request をカードとして扱うことができます。

追加

Add cards からドラッグアンドドロップで各カラムに追加できます。
Issues / Pull Requests の選択は GitHub の Issues / Pull Requests の検索時と同じフィルタを利用できます。

f:id:tbpg:20160915223851p:plain

f:id:tbpg:20160915223853p:plain

移動

ドラッグアンドドロップでカードを別のカラムに移動できます。

f:id:tbpg:20160915223904p:plain

ノート

ノート はタスクのリマインダやプロジェクトに関わる情報として扱うことを期待されています。
まだ Issue ではないけど、情報を残しておきたい。そんな用途かな?
見た目上はカードと同様に動作しますが、 Issue, Pull Request と紐付いている必要はありません。

追加

カラムの + アイコン を選択すると表示される note の追加欄から追加します。

f:id:tbpg:20160915223912p:plain

f:id:tbpg:20160915223919p:plain

ノートからIssueへ

Convert to issue メニューによって、ノートから Issue に変更することができます。

f:id:tbpg:20160915223933p:plain

雑感

初めから Waffle.io や ZenHub を使っていなくて、 GitHub の Issue で課題のステータスや優先度を管理できないことに
不足を感じているのなら十分に利益を得られるだろうと思います。

逆にもともと Waffle.io を使っているなら、まだ Waffle.io を使っていたほうが良いかな、
と感じました。 ZenHub は使ったことがないのでわかりません。

1つのサービスで完結できる利点はあるのですが、

  • カードのフィルタ機能がない
  • カードの追加が面倒
    • Waffle.ioでは対象リポジトリのIssueは全てかんばんに連携されるが、Projectsは自分で1つずつ紐付ける必要がある
  • グラフ表示機能がない
    • Waffle.io は任意の期間のカードの完了数を棒グラフで確認することができる

などの機能差があります。
特に一番大きいと感じるのはカードのフィルタ機能です。

GitHub Projects の利点としては

  • 1つのサービスで完結していること
  • ノート機能があること

があります。

現状だと乗り換えを決断するほど大きなメリットではないかな、と感じたので
もう少し様子見したいと思います。

まだまだ追加されたばかりの機能なので今後に期待です。

関連記事