Tbpgr Blog

Recruiting Operations tbpgr(てぃーびー) のブログ

Recruiting Operations - 採用業務の効率化 - ボトルネックの解消

この記事は Recruiting Operations Advent Calendar 2019 の13日目の記事です。

採用業務を効率的に回すために、「採用業務の形式化」で形式化した内容をもとにボトルネックを見つけ改善していく必要があります。
採用業務の効率的の一つとして「ボトルネックの解消」についてまとめます。

プロセスの計測をし、ボトルネックを特定したら、今度はボトルネックを解消します。
ボトルネックの解消方法については原因次第となるため、多種多様なものとなるでしょう。

  • 本来不要な手順が含まれていないか?
  • より効率化する方法はないか?

などを検討します。
その中で最も効果が高く、成功率が高そうなものを選択し、実行に移します。
なお、Recruiting Operations としての強みはここにあり、プログラミングやITのツールによる解決に対する感度が高かったり、本人自身で解決するスキルがあったりするところにあります。

まとめ

形式化した業務を計測し、ボトルネックを特定し、それの解決方法を選択・実行しました。
ここで、次にボトルネックの解消効果の確認をすることになります。