読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

ClamAVの定義ファイル更新用設定ファイル「freshclam.conf」について

ClamAVの定義ファイル更新用設定ファイル「freshclam.conf」についてまとめます

freshclam.conf とは?

freshclam(ウイルス定義データベース更新ツール) の設定ファイルです

ファイルフォーマット

freshclam.conf はコメントと引数を伴ったオプションからなる。 各行の先頭が # の行はコメントになる。 オプションと引数は大文字と小文字を区別する。 引数は以下のタイプからなる。

Type Description
BOOL Boolean。
・true/false
・1/0
・yes/no
HTTPProxyPassword パスワード
HTTPProxyPort ポート
IP IP Address
NUMBER 数値
SIZE サイズ。M, m, K, k を利用可能。これらを指定しないと単位はbyteになる
STR たぶんSTRING
STRING ブランクを除く文字列

命令

各命令を指定しなかった場合、freshclamはデフォルトの挙動をする。

DIRECTIVES Type Default
Example
AllowSupplementaryGroups BOOL disabled
Bytecode BOOL enabled
Checks NUMBER 12
CompressLocalDatabase BOOL no
ConnectTimeout NUMBER 10
DatabaseCustomURL STRING disabled
DatabaseDirectory STRING /var/lib/clamav
DatabaseMirror STRING database.clamav.net
DatabaseOwner STRING Default:
Debug BOOL no
DetectionStatsCountry STRING disabled
DetectionStatsHostID STRING disabled
DNSDatabaseInfo STRING enabled, pointing to current.cvd.clamav.net
ExtraDatabase STRING disabled
Foreground BOOL no
HTTPProxyServer STR, HTTPProxyPort NUMBER
HTTPProxyUsername STR,HTTPProxyPassword STRING disabled
HTTPUserAgent STRING clamav/version_number
LocalIPAddress IP Default: Use OS'es default outgoing IP address.
LogFacility STRING LOG_LOCAL6
LogFileMaxSize SIZE 1M
LogRotate BOOL no
LogSyslog BOOL disabled.
LogTime BOOL no
LogVerbose BOOL disabled
MaxAttempts NUMBER 3 (per mirror)
NotifyClamd STRING The default is to not notify clamd.
See clamd.conf(5)’s option SelfCheck for how clamd(8) handles database updates in this case.
OnErrorExecute STRING disabled
OnOutdatedExecute STRING disabled
OnUpdateExecute STRING disabled
PidFile STRING disabled
PrivateMirror STR Default: disabled
ReceiveTimeout NUMBER 30
SafeBrowsing BOOL disabled
ScriptedUpdates BOOL yes
SubmitDetectionStats STRING disabled
TestDatabases BOOL enabled
UpdateLogFile STRING disabled.

関連資料