Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

Ruby | CLI | Be Easy to Use | CommandLineを理解する | Commands

概要

書籍 Build Awesome Command-Line Applications in Ruby2

Be Easy to Use | CommandLineを理解する

詳細

CommandLineの構成要素を理解する | Commands

Commands

シンプルなコマンドラインアプリケーションは Options と Arguments だけで済む。
しかし、いくつかの少し複雑なアプリケーションは異なる。
例えば有名な分散型バージョン管理ツールの git 。
git command はたくさんの機能を搭載している。

リポジトリにファイルを追加したり
ファイルをリモートリポジトリに追加したり
履歴を表示したり

この場合、下記のように呼びます。

git --no-pager add -A

--no-pagerはグローバルのオプション
add は コマンド
-A は add コマンドのオプション

のような構成になっています。

git 以外でも Ruby の gem, rake, bundler などもコマンドを呼び出す例です。

・command suitを利用する場合
CommandからCommandを呼ぶような、command suit を利用する場合、
内部で呼ぶ command の名前は短くかつ説明的なものにすること。
また、 Short-Form の呼び出しもサポートすること。

・Global options
Command全体にかかわるオプション

・Command options
CommandのOptionsは、 command-specific options または command options として知られる。
該当Commandのみにかかるオプション。