Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

自他の暗黙の不満との向き合いかた

暗黙の不満とは、自分が不満に思っているがなぜ不満なのかを事前に相手に知らせていないという状態を意味するものとします。
相手から思われる場合は、逆に何も言われていないけどいつの間にか相手が自分に対して不満を持っているようなことですね。

続きを読む

採用競争激化において無視できない存在になった Employee Experience のそもそもの目的は?

労働人口減少傾向のなか採用競争が激化するエンジニア界隈。
日本での Employee Experience の話は、その方面からでてくることが多いように思います。

書籍「エンプロイー・エクスペリエンス」では、そもそもなぜ Employee Experience が重要なのか、というところも含めて語らています。

エンプロイー・エクスペリエンス

エンプロイー・エクスペリエンス

  • 作者: トレイシー・メイレット/ マシュー・ライド,麻野耕司(解説),和田美樹
  • 出版社/メーカー: キノブックス
  • 発売日: 2019/05/30
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

続きを読む

転職透明化らぼの Mission / Vision / Value

転職透明化らぼで、外部の方とのコラボ機会やコア・スタッフを増やす機会などを考え、 MVV を定めました。 もともと大枠で考えたことを整えた、という感じです。

MVV のタイプ

Mission が上位にくる、 MVV 型です。

Mission

求職者にとっての転職活動をよりよくすることを通して、求職者・求人企業のよりよいマッチング促し、より充実して働ける人を増やすこと

Vision

転職に関わる情報格差が限りなくゼロに近づき「透明化」されること

Value

Win - Win

求職者・企業双方の利益を追求すること

Pay it forward

恩送りの意識をもって行動すること

System Thinking

全体構造を意識してコミュニティの恩恵の影響範囲を広げていくこと。

用途

MVV は以下のような用途を想定しています

  • コア・スタッフとして関わるかどうかを決めることへの判断基準として提示する
  • 登壇される方に、登壇判断をする材料として提示する

なお、転職透明化らぼでは、普段から運営を行い深くコミットする「コア・スタッフ」と、運営当日のお手伝いをしていただく「サポート・スタッフ」を概念として分けています。 「サポート・スタッフ」については、 MVV 共感までは求めていません。