Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

Go言語製のWebサイトエンジンHugoの機能整理 - Content TypesとArchetypes

f:id:tbpg:20150811225844p:plain

Go言語製のWebサイトエンジンHugoの機能整理をします。
今回はContent TypesとArchetypesです。

Hugoとは?

Go言語製のWebサイトエンジンHugoの疎通確認

Content Typesとは?

Content Typesによって、

  • Typeごとの独自なLayoutの適用
  • MarkdownのContentのArchetypesを適用

によってDRYに静的コンテンツをメンテナンスできます。

また、この際に標準的な構成で作っておけば
Front Matterにtypeを指定せずとも、content配下のSection名が
そのままtypeとして扱われます。

任意のtypeのContentの生成

typeに対応したarchetypesを作成しておくことで、
$ hugo new your_section/specific_sectino_name.md
などを実行した際に、該当するtype専用のテンプレートを元にContentが生成されます。
archetypeが無い場合は、defaultのarchetypeが適用されます。

サンプル

Layoutの確認

TypeごとのLayoutの設定および確認については、Sectionの記事をご確認ください。

tbpgr.hatenablog.com

以下は、TypeごとのArchetypesの設定・確認例です。

archetypesの作成

  • themes/hugo_theme_beg/archetypes/post.md
+++
title = ""
date = ""
comments =true
tags = ["some_tag"]
+++

## some_title
detail
  • themes/hugo_theme_beg/archetypes/member.md
+++
title = ""
date = ""
name ="suzuki"
age =99
+++

## 趣味
趣味を書く

archetypesを利用してContentを生成する

  • postの生成
$ hugo new post/qiita_team.md
path/to/content/post/qiita_team.md created
$ cat content/post/qiita_team.md
+++
comments = true
date = "2015-08-12T15:51:00+09:00"
tags = ["some_tag"]
title = "qiita_team"

+++

## some_title
detail
  • memberの生成
$ hugo new member/nonomura.md
path/to/content/member/nonomura.md created
$ cat content/member/nonomura.md
+++
age = 99
date = "2015-08-12T15:52:38+09:00"
name = "nonomura"
title = "nonomura"

+++

## 趣味
趣味を書く

外部資料