Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

書籍 リーダブルコード | 包含・排他的範囲の命名

パンくず

リーダブルコード
包含・排他的範囲の命名

概要

包含・排他的範囲の命名

内容

包含・排他的範囲を表す変数、引数の命名を行う場合は
start,endを使用する。
この場合、start以上・end未満を表す。

サンプルコード

# encoding: Windows-31J

# Rubyの場合はendが予約後なので_indexをつけた
def printListRange(list, start_index, end_index)
  list[start_index...end_index].each do |line|
    puts line
  end
end
number_list = []
# 0-10のリストを作成
(0..10).each {|number|number_list << number}
printListRange(number_list, 3, 5)

出力結果

3
4