Tbpgr Blog

Recruiting Operations tbpgr(てぃーびー) のブログ

前のコマンドが成功してから次のコマンドを実行

2つのコマンドを&&で繋ぐと、前のコマンドの成功時のみ後続のコマンドを実行します。

例えばカレント配下にテストフォルダがあるとします。
この際、rmでtestフォルダを作成する際に-rオプションを付けずに実行すると
エラーになります。
この場合パイプで後続の処理を呼び出した場合と&&で呼び出した場合を比較してみます。

$find ./test/
./test/
$rm test/ | echo test
rm: `test/' を削除できません: Is a directory
test
$rm test/ && echo test
rm: `test/' を削除できません: Is a directory
$

上記のように&&の場合は後続の処理が実行されていないことが分かります。