Tbpgr Blog

元エンジニア 人事 tbpgr(てぃーびー) のブログ

SourceMonitor でメトリクス分析

f:id:tbpg:20150518232541j:plain

概要

SourceMonitor でメトリクス分析

SourceMonitor とは?

ソースコードのメトリクス分析を行うフリーウェア。

対象言語は、
C++, C, C#, VB.NET, Java, Delphi, Visual Basic (VB6), HTML

メトリクス分析試行

GitHub から quick-junitリポジトリを取得して、メトリクス分析してみます。
ソースコードghq という CUI ツールでソースを取得しました。
ghq については GitHub README 参照。

$ ghq get kompiro/quick-junit

GitHub - quick-junit

設定手順1: SourceMonitor 起動

f:id:tbpg:20150518232306p:plain

設定手順2: New Project を選択し、言語は Java を選択。次へ

f:id:tbpg:20150518232342p:plain

設定手順3: プロジェクト名とプロジェクトのフォルダを入力し、次へ

f:id:tbpg:20150518232347p:plain

設定手順4: Source File ディレクトリを指定し、次へ

f:id:tbpg:20150518232423p:plain

設定手順5: 残り

残りの画面は全て次へを選択し、最後に完了を押下する。

チェックポイントが作成されるので、 OK を押下する。

f:id:tbpg:20150518232432p:plain

実行結果1: 全体の集計結果が表示される

※循環複雑度の降順でソートしました。
Baselineをダブルクリックすると、個別の集計結果のリストが表示される。

f:id:tbpg:20150518232438p:plain

実行結果2: 個別の集計結果リスト表示

任意の行をダブルクリックすると、各ファイルごとの詳細が表示される。

f:id:tbpg:20150518232447p:plain

実行結果3: 個別の集計結果詳細表示

f:id:tbpg:20150518232452p:plain

インストール

以下 URL よりインストール SourceMonitor

外部資料