Tbpgr Blog

元エンジニア 人事 tbpgr(てぃーびー) のブログ

Skypeのコマンド

使用頻度の多そうなところのみ抜粋


/add [Skype名] コンタクトをチャットに追加します。例: 「/add taro_suzuki1」は、そのメンバーをチャットに追加します。
/alertson [テキスト] 自分の名前などの特定のテキストを指定し、そのテキストがチャットで使われるとチャットがポップアップするように設定します。たとえば、「/alertson 東京」は、チャットに「東京」が表示された時だけ、アラートが通知されます。
/find [テキスト] チャットで特定のテキストを検索します。 たとえば、「/find 美智子」では、チャット内で最初に表示された「美智子」という単語に戻ります。
/get allowlist チャットにアクセスできるユーザのリストを表示します。
/get creator チャットを作成したユーザを表示します。
/get role チャットにおける自分の役割を表示します。
/goadmin チャット作成者の名前の横に作成者タグを設定します。
/history 完全なチャット履歴をアクティブなチャットウィンドウに読み込みます。
/htmlhistory ブラウザウィンドウにチャット履歴をHTMLファイルとして表示します。
/info チャットメンバーの人数と参加可能な人数の上限を表示します。
/kick [Skype名] チャットメンバーを強制退去させます。 たとえば、「/kick taro_suzuki1」は、このメンバーをチャットから強制退去させます。
/leave 現在のチャットを退席します。チャット作成者はこのコマンドを利用できません。
/me [テキスト] 自分の名前と入力するテキストを表示します。たとえば、「/me 自宅で仕事中」は、「自宅で仕事中」が自分の名前の横にチャット内で表示されます。このコマンドを使って自分の活動やステータスに関するメッセージを送信できます。
/set guidelines [テキスト] チャットのガイドラインを設定します。 たとえば、「/set guidelines 荒らし行為禁止!」などです。ガイドラインは、「/get guidelines」というコマンドを使って、後でチャット内で表示できます。
/setrole [Skype名] MASTER | HELPER | USER | LISTENER チャットメンバーの役割を設定します。役割の説明については下記の表を参照してください。
/topic [テキスト] チャットのトピックを変更します。
/whois [Skype名] チャットメンバーの現在の役割などの詳細を表示します。

役割 説明
Creator(作成者) チャットを作成したメンバー。各チャットの作成者は一人だけです。他のメンバーを管理者に昇格させる権限を持つのは、作成者だけです。
Master(管理者) チャット主催者とも呼ばれます。管理者には、他のメンバーを管理者に昇格させる権限はありません。
Helper(ヘルパー) 補助権限を持つメンバー。ヘルパーは、USERS_ARE_LISTENERSオプションの対象とはなりません。ヘルパーには、メンバーを昇格または降格させる権限はありません。
User(ユーザ) チャットにメッセージを投稿できるメンバー。
Listener(リスナー) メッセージの閲覧のみ可能で、チャットに投稿できないメンバー。
Applicant(申込者) チャットへの承認待ちのメンバー。注意:いったんチャットに承認されたメンバーを、申込者に降格することはできません。

詳しくは公式サイト