Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

「When 完璧なタイミングを科学する」を読んだらダニエル・ピンク氏のサイン入り蔵書票をもらえた

モチベーション3.0 で有名なダニエル・ピンク氏の著書「When 完璧なタイミングを科学する」を読みました。
そして手元にはダニエル・ピンク氏のサイン入り蔵書票が。

When 完璧なタイミングを科学する

When 完璧なタイミングを科学する

本の概要と蔵書票についてまとめます。

「When 完璧なタイミングを科学する」はどんな本か?

「When 完璧なタイミングを科学する」は「いつ」に着目した本です。

1章では人間の生活リズムのタイプを3分類し、1日の中で上下に推移するパフォーマンスについて説明しています。
一番典型的なタイプは昼に向けて調子が上がっていきピークに到達し、その後夕方にかけて低下していき、夕方に再度あがっていく。
そんな傾向にあります。
こういった調子の傾向に合わせて、

  • どの時間に分析的なことをするとよいか
  • どの時間に創造的なことをするとよいか

などがまとめられています。

2章では、人のパフォーマンスは必ず落ちるものとして、落ちたパフォーマンスを回復させる方法について解説しています。
例えば、仮眠・他者との交流・体を動かすことなど。

仕事ができる人は 52分働き、17分休憩をとる、というようなデータもでてきます。
以下のツイートの元ネタですね。

3章では、物事を開始するときにまつわる話。
4章では、中間地点にまつわる話。
5章では、ラストスパートにまつわる話。
を扱っています。

6章では少し趣が変わり、チームの同期に関する話があります。
7章は過去・未来について語っています。例えば現在と未来を区別しないほうが、未来を現在と近いものとして捉えて行動しやすい、というように。

ダニエル・ピンク氏からの手紙

P217ページに記載されたメールアドレスにメールすることで 著者のサイン入りの蔵書票をプレゼントしてもらえます。

f:id:tbpg:20181107063830j:plain

そして、ワシントンのダニエル・ピンク氏から手紙で蔵書票が届きました。

まとめ

ダニエル・ピンク氏のサイン入り蔵書票までもらえる一冊! ホクホクでした。