Tbpgr Blog

Recruiting Operations tbpgr(てぃーびー) のブログ

CKOの役割-診断-知識創造組織診断リスト-余力を持っているか?

余力を持っているか?

知識創造と余力

知識創造には創造のための余力が必要です。

日々の業務に追われて、変化する余力がない状態では新たな知識は生まれにくくなります。
組織の各メンバーが振り返りをし、新しい発想が生まれた際にそれを共有し、
実行可能な計画に落とし込み、試行する。
それを行っても日々の業務が滞らないような余力を持っておく必要があります。

方法

では、具体的に余力を増やすためにどうしたらよいか?

業務の何割かに余力を容易しておく

有名なのはGoogleの20%ルールです。
常に、振り返りからよりよい仕組みを生み出したり、
新しいことを試せる余力を持っておくとよいでしょう。

マインドワンダリング

人のアイデアは対象に集中しきったときよりも、そこから意識がそれた瞬間に訪れやすくなっています。
そのため、例えば業務中にちょっとした雑談や散歩をしても問題ないような余力があるとよいでしょう。

このような意識がそれた瞬間を「マインドワンダリング」と呼びます。

以下は、マインドワンダリングの資料です。

tbpgr.hatenablog.com

まとめ

余力のない組織は現状と同じことを続ける可能性が高く、変化が起こりにくくなります。
意図的に余力を作り出すには、大抵の場合は組織の意思決定が必要でしょう。
そういった意思決定をできるかどうかが、組織の知識創造に大きく関るでしょう。