Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

Office for Mac 2016 の Excel でオブジェクトの選択を多少なりとも楽に行う

古いバージョンのOfficeで複数のオブジェクトを選択する際は「オブジェクトの選択」が便利でした。 Office for Mac 2016 の Excel には「オブジェクトの選択」が存在しません。 同等の機能はありませんが、手動で一つずつ選択するより多少楽な方法があるので紹介します。

設定手順

  • メニューバーの Excel から環境設定を選択する

f:id:tbpg:20170303002034p:plain

  • リボンとツールバーを選択する
  • +ボタンから新しいタブを選択し、新しいタブとグループを追加します
  • 左のコマンドの選択からツールタブ、図ツール、整列、選択ウインドウを選びます

f:id:tbpg:20170303002039p:plain

  • 保存します

f:id:tbpg:20170303002049p:plain

動作確認

全ての要素を選択して削除してみます

f:id:tbpg:20170303002055g:plain

メモ

MacExcelについてとても詳しいわけではないので もっと良い方法があるかもしれません。

関連情報