Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

Re:dash - Google Spreadsheet データソース

Re:dash

Re:dash でGoogle Spreadsheet データソースを利用して
スプレッドシートから取得したデータを取り扱います。

Service account keyの作成

Google SpreadsheetとRe:dashを連携させるには Service account key が必要です。

f:id:tbpg:20161123213406j:plain

  • 認証情報を選択します

f:id:tbpg:20161123213410j:plain

  • 「認証情報を作成」からサービスアカウントキーを選択します

f:id:tbpg:20161123213440j:plain

  • 任意の情報を入力し、作成をクリックします

f:id:tbpg:20161123213447j:plain

  • JSONが自動的にダウンロードされます

Google Spreadsheetの準備

  • 任意のデータを埋め込んだ Google Spreadsheet を作成します
  • Shareボタンで公開設定をします。ユーザー欄に先程のJSONの中にある「client_email」のメールアドレスを追加します

f:id:tbpg:20161123213456j:plain

Re:dashのデータソース設定

Re:dash で Google Spreadsheet データソースを設定します

  • データソース設定画面の Type を Google Spreadsheet にします

f:id:tbpg:20161123213502j:plain

  • JSON に先程ダウンロードしたJSONを設定します

クエリーの作成

  • Re:dash の New Query で新規クエリーを作成します
  • Data Source で先程作成したGoogle Spreadsheet データソースを設定します
  • Query内容の入力欄に Spreadsheet の 「ID|N」 を設定します

f:id:tbpg:20161123213508j:plain

例えば Spreadsheet のURLが

https://docs.google.com/spreadsheets/d/hogehoghogehogehogehigehigehigehagehg

だとしたら、

hogehoghogehogehogehigehigehigehagehg|1

と指定すれば上記URLの2シート目を指定することになります。