Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

Circle CIでRubocopを利用する際のレポーティング設定をする

f:id:tbpg:20160727231246p:plain

Ruby + Rubocop のプロジェクトで静的解析の結果をCircle CIで取り扱いたい場合、
rubocop-junit-formatter gem を使います。

前提

Circle CIでRubocopを利用する場合の基本的な設定は下記記事にまとめてあります。
紹介済みの内容はこの記事では取り扱いません。

tbpgr.hatenablog.com

レポート未設定時のTest Summary

f:id:tbpg:20161011222542p:plain

サンプルコード

.gemspec

# 略
spec.add_development_dependency "rubocop"
spec.add_development_dependency "rubocop-junit-formatter"
# 略

circle.yml

machine:
  timezone:
    Asia/Tokyo
  ruby:
    version: 2.3.1
test:
  pre:
    - bundle exec rubocop -r $(bundle show rubocop-junit-formatter)/lib/rubocop/formatter/junit_formatter.rb -c .rubocop.yml --format RuboCop::Formatter::JUnitFormatter --out $CIRCLE_TEST_REPORTS/rubocop/rubocop.xml lib

テスト失敗時

f:id:tbpg:20161011222535j:plain