Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

最重要指標=OMTMとは?

f:id:tbpg:20161003230419p:plain

書籍「LEAN ANALYTICS」を読んでいて気になったOMTMについてまとめます。

OMTMとは?

OMTMとは One Metric That Matters の略で、
現在のステージにおいて最も重視して着目すべき数値のことです。

遅行指標と先行指標

指標には 遅行指標先行指標 があります。
遅行指標はすでに起こったことの結果であり、 過去を説明するもの です。
例えば、UU(ユニークユーザー)やPV(ページビュー)など。

それに対し、先行指標は 未来を予測するもの です。
例えば営業ファンネルの見込み客の数やクレーム件数など。
見込み客が多ければ、その後のユーザー・顧客は増えるだろうし、
クレームが減ればチャーン(離脱顧客)は減るでしょう。

KPIとして選ぶ指標は未来を予測していく必要があるため 先行指標にする 必要があります。
そして予測した未来に応じてアクション可能であることが重要です。

OMTMの各ステージについて

OMTMではビジネスを5つのステージに分類し、
そのステージにあった指標を扱うように促しています。

ステータス(英) ステータス 状態
Empathy 共感 まだ満たされていないニーズを見つける状態。インタビューをしたりする
Stickness 定着 問題をどう解決するか発見し、お金を払ってもらえるようにする状態。拡大前に質を上げる
Virality 拡散 製品を正しく作り、ユーザーを拡大していく状態。会員システム、紹介システムなど
Revenue 収益 利益構造を構築していく状態。コスト削減など
Scale 拡大 事業を広げていく状態。店舗拡大など

どのツールで分析するか?

最近の定番だと Re:dash が手軽そうです。
Re:dash の基本的な機能に関して以下にまとめてあります。

tbpgr.hatenablog.com

参照資料

書籍

Lean Analytics ―スタートアップのためのデータ解析と活用法 (THE LEAN SERIES)

Lean Analytics ―スタートアップのためのデータ解析と活用法 (THE LEAN SERIES)