Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

人生ドラクエ化マニュアル実践記-セーブデータ15-見栄、世間体を気にしない

alt

人生ドラクエ化マニュアルを実施することで、本当に人生が変わるのか?楽しくなるのか?
まずは行動してみよう、ということで週に1回を目安に行動し、その結果をログとして残そうと思います。
今回は「見栄、世間体を気にしない」です。

人生ドラクエ化マニュアルとは?

人生ドラクエ化マニュアル、略して人ドラ(ジンドラ)。
「人生をドラゴンクエストに置き換えて楽しむ方法を考えてみよう!」
そんな考え方をまとめた書籍です。
エニックス社員のJUNZOさんの著書で、すでにパート1・パート2がでています。

運命のクエストカード

書籍「人生ドラクエ化マニュアルⅡ」には付録として「運命のクエストカード」がついています。

f:id:tbpg:20160423225254j:plain

クエストカードは全部で32あります。
1日1枚引くことを推奨していますが、他にも色々とやることがあるので週1を目安にしてみました。
週に1つを目安に実際に行動していきます。
そして、その結果を記事化します。

書籍「人生ドラクエ化マニュアル」「人生ドラクエ化マニュアルⅡ」に関する書評は以下にまとめてあります。

http://tbpgr.hatenablog.com/entry/2016/03/21/022124tbpgr.hatenablog.com

背景

私は30台後半のプログラマーです。
プログラマーという響きが好きなので使っていますが、実際はプログラミング以外にも
チーム全体のことや、優秀な人材の採用、 CodeIQ の出題者をやっています。

私には妻と3人の娘がいます。
話の流れ上、妻子が登場することがあると思うので仮の名前をつけておきます。

妻: マーサ

※画像は本人ではありません

f:id:tbpg:20160424005810j:plain

ちなみにこれ、うちの壁で羽化したばかりのアゲハチョウです

長女: ビアンカ

※画像は本人ではありません

f:id:tbpg:20160424005815j:plain

次女: フローラ

f:id:tbpg:20160424005823p:plain

三女: デボラ

f:id:tbpg:20160424005828j:plain

とします。

さて、ここまでテンプレ。以下から今回のクエスト内容です。

クエスト15 見栄、世間体を気にしない

f:id:tbpg:20160801222610j:plain

人生ドラクエ化マニュアルの著者JUNZO氏は

世の中には「見栄・世間体」というモンスターは実在しない。
これは妄想だ。
ヤリタイことを抑える必要はない。行動しよう。

としています。

それが今回のクエストです。

クエスト

見栄、世間体を気にしない

私の幼少期、父は「現実的、安定的であること」を中心に物事を考える人で
リスキーなこと、安定から離れたことに対して厳しい人でした。
私自身の消極性と父の厳しさの両面からか、私は夢を思い描くことや
物事を主張することに対して非常に消極的に育ちました。

もちろんこれは父に責任を押し付けているのではなく、
父のそういった主張を跳ね返す強い意志が
私になかったことによるものだと思います。

こういった経緯からつい最近までは自分を強く主張すること、
夢を思い描くことに対して無縁のまま過ごしてきました。

最近になり、家庭・仕事の両面で責任をもつような環境に変化し、
公私共に刺激をくれる友人・仲間に囲まれる機会を得て、考えが変化してきました。
また、その結果行動することで結果がついてくることも体感できました。

ここで過去の自分なら世間体を気にして公言できなかった
夢の公言をすることにします。

今年に入ってからずっと夢・目的・目標について考え続けてきて、
ようやく大枠でやりたいことが固まってきました。

内発的動機づけを支援する仕組みつくりだし、
システムで支援する。

人がいきいきと、楽しく生きることができる。

その結果として会社組織なら素晴らしい業績を生み、
育児なら活き活きとした子が育ち、
コミュニティが活性化する。

結果として世界をより良くする。

この夢の達成に向けて動き出すことを決めました。
また、この夢を掲げるからには

「てぃーびーと関わってから日々の生活がより楽しくなった」

と言ってもらえるようでなければならないなと思います。
肝に命じつつ自分自身も楽しもうと思います。

早速ブログも作成しました。

empowerment-engineering.hatenablog.com

まだまだどう転ぶかわからない段階ですが、
まずは自分で立てたスケジュールに従い手を動かそうと思います。

関連書籍

人生ドラクエ化マニュアルII

人生ドラクエ化マニュアルII

関連情報