読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

好きな言葉を引用スター

f:id:tbpg:20160611234504j:plain

概要

以下のRubyのプログラムで生成したランダムな文字列から好きな言葉を引用してみてください。

print ((''..'').to_a * 50).shuffle.each_slice(40).map(&:join).join("\n")

引用スターについては下記の公式Helpを参照

はてなスターのヘルプ - お問い合わせ - はてな

経緯

ポエムサービス pplog でこの記事を同じことをやってるといつも足跡で
楽しんでもらえている。ので、Hatenaでもやってみようと思いました。
以下、pplogでランダム生成文字列に足跡を残してもらっている様子。

f:id:tbpg:20160611234504j:plain

引用元

をわぱべゑぷぅおおぷひもみのじぱゆひゃぱらそゅそずれゑゐどしぴまはろびそふんゆぶ かむぃすふぺごあれれまるしちうだいげへべだきじろんぐべがゑきけぅぅぴきてごめよぽ おぽまんたみしへひるぼろぷめぶかばぇぜかぬっゅにいあみやあしぴふろゎあふねぅぽふ もせるせずすぴれけぐげぎづどぬうだむでっゃとそるずをしのしよでときぉぽのゎゑぜへ ぃにそゐぐやぬゆぐがのゐきぜやみさゃほすべがぜがじぞねわみるこくぐりくゃぐぼおま せさゎがはゅれかえをじっらよいむげぽらょんづれぺそぐゃめうぜゃのなばいぃまどぢえ ゃぃづはこぃえたけぺぐへぼゅせさつぉずめどべねづもいびんっっとょにんけらざへるざ てまはれけりもぴぃをびすぢんこしぬわえゑけんぷりんぅるでどむぷらゅょどのたぺさや かもばぽわぞはふゎえゑきぇぅうだどんせてちぞじぐもさごれぉびはぢべふぼれべずよゎ うぃさぐょぷるゅぴのひぐんるられもぺとつんゐさぬれけずれこもちにぴずみぜゎゐりげ ずいじぢゎふぎぼずけぶてほざぬべとぉぎごとでふらぇぐぞいよびぐべるでどせびぇぬだ ぴぜとこぬすくれそわざせぎぅきべたゃえぶりぎくっゑゆぐすさぼげこごがえとてぬぞつ おろずもちれんぺげごかじにゆふりどごだあごめざささぶつぽぱるぱゃゅばぜめぼせおも ことゐひゎねあゑやよめとてりゐたきこぅぶぃぷてめとへゐころぽべゅへつずんつおらお んげえわぷっじてぞゅぐゃぶれびぇだめねぬむぽかゐてすぇのょっねそべぺめれきだひぉ よろぶぉべちくびぷっのなぼらゅでりぼえゃゃぃおずたねざへへひぅぽんぼにずぽもぽば よぞずけぅはそぼがだあきっさみにふどよりべれくにげゑぇちみごなゑにれげがどそゅせ ちづゅぴむほうほさりねゆゎげろでぶどのえべゅてふはんつぞぉにせらんさよさぎすびん ゃぞぽみはやうふふてさぜぞはべろひれでおっじなよひぉふづなゐょぉわのびりちそして んりくぴびごゑとよむていびれかゅざけめりゑぞきねぞぎかるいぽぐのぺすぱねこゃぜゆ ぼつささひまあがゃゑあんへちぞゅせびほぃくふぇぶはすかざつゐずねづくでぎぺしなぇ づがぴはむばいみぴぴやふぅたあいちふぎもぇそるはがにげゐとふっなえむぺっくくむみ せおょぎつちなみちはをためらでめくおらげそちずいぃほためぜぱぉっめとかにきせつな らべごゆぃべづやなそぱよぶぢぢけやゃいはしほろぜふやはぜもきすべどをぽどげごるつ あかゅきはだへぃこぇくざぉぱぴいしのっやっなおぃぎわぺげでやこのりかじょげゆすが きゑこどみぇてちむぱゐぢめぶゎごゑょみはゃゑばいなびきいぉわぶぼょひゐゅのむぶし かねへりぃふなくてぼにちばびつるなぇてとめぼせがんくぴられしひっぽどえぬぉすしぅ でぼぜみなゅおくへぜりわっきざぺくはををてくちこゅらぴほねぐみみふぃなまょぴぴを ゎへてゆぞさぬゐびりぃぬぐうのさきこゑずぅかけがへぢぐもゑっあぴねぇのづふめづた ばどわたゆゆはとでのゎめこぅぬびやだぺゐかぺふべぱみねるやじなけあるめけぬぐきぉ ぃづとえさやかもかむねへりらにぶふげみどづろょけふはぢまづざぱまひざれんをうちる だやぴさどうけぅぶぷゎんせゑもぅおざかれのぶらもぉづゆぉでらぢふづざぉまにっるん とょすおそごうぜゑうゑぼぎとおけずれょみゃかこえみぬたびちよだぱぺよぽゅぼぱりぐ ぶちへなせじみゑゐゅぷそゑぞやらみぃびゑはなしでごさへぽだぐゑずびなよぞばへもく もおょひゎぅごれちわめるんょぴほれろゃやがしやぢびどりりねむもぺふろえもぅぷぶり てぉゆゑみときごえざうぎたずぎせらくえててみごここえらぢぼよゃけたずをむをふぅそ みけずそざぴぐれたずあとゃしくぢくゃぽびじいこせはとるゃゑぉぽこほぼれやうろえぱ ぅむばぅなですわがろどぞぴすぎんゑひほぢこごゐゅそれれちげむいたへうなぜぇてゅす ゎぜめむっゆどゃぅろしがもせだきによねきこぼゆしつぼやわやとだぃをよぜわぺこぬぃ てるるこでろやそなそぽぱでぎげしせぴじずとふぢきべしなけたぷとゑっをゎほゎすむぽ あぺりゆぐばだまゎこげにわてはたぃがだぞゐどのげまひとぶぷぱうちせだじよらりらち でちょよぃやょゅへゅあこれじほたでぉひぞぷせぃずさゃぅぞょろっむぷがぅにぐばよと どゆぽもえっじずぱぢぢがゃょるねまねずよをむぅぷかへょいぜゆまぉつぺづぱちみだて ばへぴゑそっびごぶぃぉいぼでじげじぅぉぶはょづぢちぬぢをずひゐぴせごごごはぶやぷ ぞゅせそたとかつにぷけぎげっまぎいゑちひゅぎりのゐぇひよれいこゐゐぷょぞざなづが うぢぽひろひぺざゃりはゎくょじをごひたぶぅまみあぽだぽめぇねをしぴろはひよぜねじ べやごぉぐまぇふぽどざぴぜとあぶづべそえぢちぬゎちさどめぜぼゐひすどたのさはずた ぉをけせよもゆべぉつぇをくだひおえじひぬっぺのょをぷゆぃばれぴゃぽふるこてつぴぃ ぃせつこゎごばべふをざをせずゐぅぱえばゑぐくだなぜばみよぉだろんるぽにべむとやむ びねぞどぎばひらょぺぺどそのうみりたるえれぶゃふゎゎぜにぼざろなべぼわゎてせがま ごにぺへかぬぇひゐてずべぜこねばむぶおぷほゑあぴばそおにすぇこひまゎつきせうらさ でとでねゆすおふきけめずゎぬだつぇぴぜいとぴゐんむざぎそっひがぇくつばぐぇきはづ でぬゎまだへあちさょびねゆをねわぅめろふゐじねゎぢがあげへしじげくごもぶらえうぷ ほごぼぜさえてぞんゐあげおばぅぬみのぉひずがっくあほどむざばざっんむゆぐふでこぬ どゃぞるそみゆふたそづどづわゐとぬずたどてぉぐよべさぐめぇげわもゎおっとあくゅと なでしはぇぱゑほうけすざぎゆごほしゃもたあべごずぷあまたほあぇっぅましつざどぐゃ べゐるれるずばのおしくぴつますないむゐかせをふてつれぺがへほこもとぼげまいぼいし もぴゑんわぶゃだろがぼをかぱげやいをろめじそぴはぬしぜるおれをそせょうづぶけゆろ きわじぽびぐへへりごのよすこばぎだてらどそぎぅもてばきけろゐよぅあどぷぃつぇぞせ ぜぎめうゎぎふやためるぷぇゑへあきくへせきょょぷんにるむそめまっまづもりでけばで ゃどざづでごうおやぺらぱぼびぽぉどわにぬしぉぺおひたういまやぱににぢらをまはちば どやわゐえっにのおするのすれぽゑくぞちたううぶばぽつゃあおへゐらおせせかにひかゎ んくらえししうべふかつこっびあぉまめのさあぢりっぎづぷゐせぱへぜきぃのぱぃしゎな ぉゑむがかづそねむめゆかもばじめえそけぬむなぇのゐへなぉぎぜおぃだたゅぢぉゎづひ んやかめがはすのざきずぅびげでまやぞゃぞけねぴぃぺぜこせどゑくぢぴういだよせざぼ ぜぶさもらぷぬぞにらざざづぽれみへのかぞげそさんだざろずきのなぃこづゎせにゃあぱ えすぐいゎげつょなずうじたぶざゆぼえぞぞばけきねなけばみがうきのじみんでにぺゎな ぺりぬをてがほねしにつばびげたんぷじめさひわびはわでしどいぇゅてへのょぼづだぺぢ ょれうをぶけをゑせべうひくせみわてあぞぽゐこがぺゎををぉたけぽぷだいざひぃみぐら ぱばめけたかゆろいちげわみぎつにはあっぺるべうぽばがぱいてむねぅかばじぷきぽびも をぃぎょゑじるぜほべかみゆうたるほびぶろぜえれたぜおほしさほとでがぺですとぷねや ゅでりぜづゎづゅとゅいわぼそすおぺじてすぢきとぢうだむやぃよぽぇべりずまをぴっも ざゆたぜどゐゃぐぇざらぇぺりかろわにぎゐふひあべほめなまゆぅつごゅぺらわっぴをょ たやぉぬがよわぽらぽぞりへつぱねだるでむほいぱみはじへばぅぇねばよいずせぐもぇを いしみにぇろあおなゅつねごそほゅぞぎぜっょゃきづゎょよろぬくしじろむよぜでへのる さけろぉすのださへゅぞあづぎをあめぺるのがぼいぃでさまつけぉゑしさげにけてだよね ゎぅてろけゎふかゑかすえぐむにさぢべどでぬぇまえゃまほおぢまつがかゆすおぷたゃぎ そさぬこゑいまんさどこほぞもせぬごぢべあすわゅのぎせはりるぜでこかすあかづばりざ えもろゅゆようへそわぺぢずぼぬっゑびなひはにゆおあぴぞきへちぎみぶちずずづぷじぷ じほだぺょきせっへだったぐてあうろへろぎひっけるつゃくへやたきそぇきめんうかげそ からぎぐらぽんぜべくむしぶごゆじぢょくぅまべせえれへちはずがぶがぉさわぬがやひゅ ぇぬゐぶつむえぃほぶべりわぬごぱもげぢよちひうもひぇぎねいぢかにだぺておのゑひぞ ざけいそきざなをておちずるぱやはをじぉゎゐざびでぃげでがろんびほむひゑんゆぇへゅ げぷびをぞぬづさえでぶなさてれぅせえをぃぜじやぴづぱすまぉぢやばゎぺぇふぷりうぅ こっねろざじしそはざぱすうにでゑりぎぬむうぱぉみすむゆぎほれふぽおしげゐぇちじぃ よかほぶぺびぱがくほうはべぷんぼやぬぴほつぴこよもゆよくそゐこぬにほんぐいだわが ほけへぃむてえぱょちはぽゅつらちあびたでぴかのらなかまけにぶぉょほじしぷぎぷぅき ぢるゐぷぽづをおゅすずぴえぴゃびばぱびげくぱすゑぃぼしぜまいえわゆばぢさめゎつど りみゑらしりわんぱねじういごぞづゐみゆれぢかゆるつぉちぼぺぺほぢどふなけきゅぉゃ けぅだぱりへげづゐずぷじいみづざくぎらえらおむさのらせさやすとぱぇぉぶぐぅゆりく もざろむたはぶぇなやげうずこぼかぺもすむぢねけょわぉねをばぞぼでぬちげゆにじゃそ ぜぞぷいろえゅとめりょぶわおはけれふぼきふがぞとっつぱけほくねてくせねまつみびも ぱごわもづわぺぎゃつねわりげゎくびまがしぷっじべゃさまぷぢろごにいはちねぇぐとご ょっなめゐびはりんてぞてゎぅしめげばぃぴせびすけべめずぐゃぃうべわざゎでにろゎり いらほだまろわまおござゐづをだざるむゐあゅぃぞほだぬぽくよすづぃらげだちよぎるこ ぶやぶきさよみぞちむあびろまんぱそよぱがごゅゆしぼぢそょりとぽぎこしちろぐぢたそ でぼごぴぅがうぷつとゆぎぺらめばざむびかべうすりぅおべげれすひにぇちっじぢづおわ うゃねほびどぬやれめだへざめすやぬがおよんぐぇえばとゆょぽぜをそすにぐたゅしょき ぅたごどょじぢぃだぉゆぶてゎてるたのもねよをのぬげよだぼめぎぇくみばぐぎこなぜあ ぽれぬなつでどびつなものっひゎぐゆほらぶほつわなさえゅるぎなわごとやきあくだふけ べぴぼいんぼたやでえほちひすぺぷえげよまもめあをぞのちぢぐぼのにゅとふづざろひえ らぅゃあこどれねじぢょむぉもけわまをるみぷぃぺぱほぢとおぽぱばおびのぜづごはばぱ きぜにぅごごぼがろょぞはほぷえげもべがつ