読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

人生ドラクエ化マニュアル実践記-セーブデータ7-現実の敵に感謝する

人ドラ

alt

人生ドラクエ化マニュアルを実施することで、本当に人生が変わるのか?楽しくなるのか?
まずは行動してみよう、ということで週に1回を目安に行動し、その結果をログとして残そうと思います。
今回は「現実の敵に感謝する」です。

人生ドラクエ化マニュアルとは?

人生ドラクエ化マニュアル、略して人ドラ(ジンドラ)。
「人生をドラゴンクエストに置き換えて楽しむ方法を考えてみよう!」
そんな考え方をまとめた書籍です。
エニックス社員のJUNZOさんの著書で、すでにパート1・パート2がでています。

運命のクエストカード

書籍「人生ドラクエ化マニュアルⅡ」には付録として「運命のクエストカード」がついています。

f:id:tbpg:20160423225254j:plain

クエストカードは全部で32あります。
1日1枚引くことを推奨していますが、他にも色々とやることがあるので週1を目安にしてみました。
週に1つを目安に実際に行動していきます。
そして、その結果を記事化します。

書籍「人生ドラクエ化マニュアル」「人生ドラクエ化マニュアルⅡ」に関する書評は以下にまとめてあります。

tbpgr.hatenablog.com

背景

私は30台後半のプログラマーです。
プログラマーという響きが好きなので使っていますが、実際はプログラミング以外にも
チーム全体のことや、優秀な人材の採用、 CodeIQ の出題者をやっています。
2016/04/23現在、 トリプルワーク をしていたりなど
今の時点でも色々行動してちょっと変わってことをしている人だったりします。

私には妻と3人の娘がいます。
話の流れ上、妻子が登場することがあると思うので仮の名前をつけておきます。

妻: マーサ

※画像は本人ではありません

f:id:tbpg:20160424005810j:plain

ちなみにこれ、うちの壁で羽化したばかりのアゲハチョウです

長女: ビアンカ

※画像は本人ではありません

f:id:tbpg:20160424005815j:plain

次女: フローラ

f:id:tbpg:20160424005823p:plain

三女: デボラ

f:id:tbpg:20160424005828j:plain

とします。

さて、ここまでテンプレ。以下から今回のクエスト内容です。

クエスト7 現実の敵に感謝する

f:id:tbpg:20160604232047j:plain

人生ドラクエ化マニュアルの著者JUNZO氏は

ドラクエは敵がいるからこそ面白い。 現実世界も敵に「いつも現実を面白くしてくれてありがとう」と感謝すると 世界が変わる、としている。

それが今回のクエストです。

クエスト

現実の敵に感謝する

人生の敵が現れて、それに対処するために新たな道がひらける。
人生の敵が現れて、そのイベントがなければ発生しなかった出会いや選択肢を辿ったら
結果的に平坦な道をそのまま進んでいるよりも良い結果になっている。

そういったことが振り返ってみるとたくさんあります。

一例としてシステム開発の仕事を振り返ってみます。

私が新卒で勤めた会社は俗にいうブラック会社でした。
月の労働時間は250-300時間。
2年間ほぼ休みなく勤めましたが体を壊し退職しました。
詳細はこちらにまとまっています。

tbpgr.hatenablog.com

この件をきっかけに色んな苦労があって、結果的に現在の状況があります。
今は愛妻とかわいい3人の娘達に囲まれ、
複数の現場で優秀な同僚と刺激的な仕事をしています。
この状況があったのは新卒後のブラック => 離脱の経緯があればこそだと思っています。

逆にブラックというほどでもなく、大したやりがいもないポジションで仕事をし続けていたら
何も疑問を持たないまま粛々とつまらない日々をおくり、
家庭を持てるような状況にもならず、
素晴らしい仲間と出会うこともなかったのではないか?
と予想します。新卒当時の自分の性格、能力から考えるとおそらくそうだったでしょう。

またこの件をきっかけに「人生の敵は人生の道を切り開く踏切台になる」ということを学び取りました。
ここ最近も泥棒に入られたり ※以下参照

tbpgr.hatenablog.com

その他にも大きなバッドイベントがありましたが、都度反動にして停滞していた問題を
動かす大きな原動力にさせてもらいました。

敵様様です。
楽しい人生へのきっかけをありがとう。

まとめ

とはいえ、自分以外の人の心まではケアしきれないので周りが疲弊するような
敵はできるだけ遠慮願いたいものですね。

関連書籍

人生ドラクエ化マニュアルII

人生ドラクエ化マニュアルII

関連情報