Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

CEOのesa.io新規参入者導入課題シリーズ その7 - WIPじゃないけど通知はいやよ

f:id:tbpg:20150810231254g:plain

By esaアイコンコレクション - esa.io

CEOのesa.io新規参入者導入課題シリーズ。
その7は「非WIP時の非通知」がテーマです。

esaでは、記事はWIPかShipのどちらかの状態になっています。
WIPで記事を作成、更新するとesa本体やSlackなど外部連携先などの通知が行われません。

しかし、Ship状態のまま更新したいが誤字脱字など軽微な修正のため
通知を飛ばしたくない場合があります。

CEOとは?

所属組織においてesaを管理、導入、支援する人。
CEO : Chief Esa Officer

経緯

チームに新規メンバーが加わったので、これを機に新規参入者がesaの記事作成を覚える
ためのお題を作りました。

お題

  • Slackなど、外部システムへの通知連携を行います。(管理権限がない場合は、管理者に依頼)
  • EsaTutor/あなたの名前/Skip Noticeというタイトル、スコップという本文で記事を作成し、Ship It!で保存します。
  • EsaTutor/あなたの名前/WIPとShipItの記事のタイトルの左のWIPが表示されていないことを確認します。
  • Slackに通知が行われることを確認します。
  • EsaTutor/あなたの名前/WIPとShipItの記事を編集しスコップスキップにしします。
  • 更新メッセージにFix typo [skip notice]と入力しShip It!で保存します。
  • Slackに通知が行われないことを確認します。

覚えたこと

  • [skip notice]によるShip状態での非通知

Next

To be continued..