Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

Ruby | CLI | Play Well with Others | Sending Exit Codes to Calling Process

概要

書籍 Build Awesome Command-Line Applications in Ruby2

Play Well with Others

詳細

exit code の設定は非常にシンプルです。
Rubyは組み込みのメソッドとして exit メソッドを持っています。
引数を省略して exit すると、$? は 0 = 成功になります
引数に false(もしくは0以外の整数) を指定して exit すると、$? は 1 = 失敗になります

この際に、エラーの内容に応じて一意のステータスコードを割り当てることで、
利用者(=自分のアプリケーションを利用する他のアプリケーション)が問題を分類して
処理を分岐したりできるようになります。