Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

Ruby | CLI | Be Easy to Use | CommandLineを理解する | Options

概要

書籍 Build Awesome Command-Line Applications in Ruby2

CommandLineを理解する

詳細

Be Easy to Use | CommandLineの構成要素を理解する | Options

Options

Optionsはユーザーがアプリケーションの動作を変えるための方法です。

・Short-Form
Short-Form optionはダッシュと1文字のアルファベットからなる。
複数列挙する場合はばらばらに書くこともできるし、ダッシュの後ろに列挙することもできる。
1文字なので正しい綴りを暗記せずに簡単に指定できる。

ファイルを日付順に詳細表示(バラバラに指定)

ls -l -t

ファイルを日付順に詳細表示(まとめて指定)

ls -lt

・Long-Form
Long-Form optionは2つの連続したダッシュと2文字以上のアルファベットからなる。
一般的に完全な単語を使用する。またはいくつかの単語をダッシュでつなぐ。
完全な単語なので、そのオプションがどのような内容なのかが簡単に理解できる。
複数列挙する場合はばらばらに書くこと。

./と../を除いてすべてのファイルを表示し、ファイルを降順で詳細表示

ls --almost-all --reverse -l

・switches
オプションのonとoffを切り替えるスイッチ。引数を伴わない。

switchesの例
全ファイル表示のオプション

ls -a

switchesはLong-Formの場合、基本的には switch を on にする。

on のケース
全ファイル表示のオプションを on にする

ls --all

先頭が --no ではじまる場合は switch を off にする。

off のケース
グループ表示のオプションを off にする

s --no-group -l

・flags
任意のパラメータで動作を変えるフラグ。基本的にはパラメータを伴う。

flagsの例
任意のパターンを無視して表示するフラグ。

ls --ignore=*.rb

Short-Form のフラグはオプションをスペースで区切って指定する。
Long-Form のフラグはオプションをイコールで指定する。

任意のパターンを無視して表示するフラグを Short-Form / Long-Form それぞれで試す。

$ ls -I '*.rb'
$ ls --ignore=*.rb