Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

rbenv | local

概要

rbenvのlocalコマンドについて

内容

rbenvのlocalコマンドについて。
rbenvのlocalは特定環境に限定したRubyのバージョンを決定します。
指定した内容は.ruby-versionに保存されます。

例えばプロジェクトARuby1.9、プロジェクトBはRuby2.0を、というような際に利用します。
/home/hoge/projects/project_a =>Ruby1.9
/home/hoge/projects/project_b =>Ruby2.0
それぞれのディレクトリで rbenv local 1.9.x/2.0.xを実行し、
作成された.ruby-versionをバージョン管理してメンバーを共有することで
バージョンの情報を共有出来ます。

rbenv globalの設定内容が2.0.0p247の状態とします。

# rbenvのglobalの設定を2.0.0p247にしてあります
$ ruby -v
ruby 2.0.0p247 (2013-06-27 revision 41674) [x86_64-linux]

# rbenv localを実行して.ruby-versionの内容をsystemに変更します
$ rbenv local system
$ cat .ruby-version
system
$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2011-06-30 patchlevel 352) [x86_64-linux]
$ cat .ruby-version
system