Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

秀丸マクロ | iniファイルの利用

概要

秀丸マクロでiniファイルを利用する方法

詳細

以下の記述でiniファイルを利用可能

getinistr("initファイルのパス.ini", "セクション名", "キー名");

※数値を取得する場合はgetininumを使用

iniファイルサンプル

mainがセクション名
urlがキー名

[main]

url=http://www.google.co.jp/search?aq=f&ix=hca&sourceid=chrome&ie=UTF-8&q=

利用サンプル

現在選択中の文字列でGoogle検索する秀丸マクロ。
Googleの検索用URL部をiniファイルに外出ししました

copy;
$GOOGLE_CHROME_SEARCH_ADDRESS = getinistr("任意のパス\\chromeOpener.ini", "main", "url");
beginclipboardread;
$workSearchAddress = getclipboard;
$searchAddress = $searchAddress + $workSearchAddress;
$address = $GOOGLE_CHROME_SEARCH_ADDRESS + $searchAddress;
openbyshell $address;
endmacro;

iniファイルはサンプルで例示したものを利用