Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

書籍 リファクタリング−プログラマーの体質改善 | オブジェクト間での特性の移動 | 委譲の隠蔽

内容

リファクタリング

委譲の隠蔽

適用ケース要約

クライアントがオブジェクト内の委譲クラスを呼び出している。

適用内容要約

サーバに委譲を隠すためのメソッドを作る

適用詳細

クライアント側がサーバー側のパラメータについて知っていると
両者の依存度が高くなります。
サーバー側のオブジェくトを返却する小さい委譲メソッドを用意することで、
この依存を無くすことが出来ます。

サンプル

HTMLのタグと属性を設定・出力する機能を実装します。
HTMLのタグを利用するHTMLのユーザーはタグと属性の両方を知っています。
この場合、属性の情報はHTMLのユーザーが知る必要ない情報のため
タグの中で委譲を行い結合度を低くします。

サンプルコード

リファクタリング

class HtmlUser
  attr_accessor:tag
  
  def initialize(tag_name)
    @tag=Tag.new(tag_name)
  end
  
  def add_attribute(attribute_name,value)
    attribute=Attribute.new(attribute_name)
    attribute.value=value
    @tag.attribute=attribute
  end
  
  def output_html()
    return "<#{@tag.name} #{@tag.attribute.name}=\"#{@tag.attribute.value}\" ></#{@tag.name}>"
  end
end

class Tag
  attr_accessor:name,:attribute
  
  def initialize(name)
    @name=name
  end
end

class Attribute
  attr_accessor:name,:value
  
  def initialize(name)
    @name=name
  end
end

html_user=HtmlUser.new("div")
html_user.add_attribute("disabled","true")
puts html_user.output_html

リファクタリング

class HtmlUser
  attr_accessor:tag
  
  def initialize(tag_name)
    @tag=Tag.new(tag_name)
  end
  
  def add_attribute(attribute_name,value)
    @tag.set_name attribute_name
    @tag.set_value value
  end
  
  def output_html()
    return "<#{@tag.name} #{@tag.get_name}=\"#{@tag.get_value}\" ></#{@tag.name}>"
  end
end

class Tag
  attr_accessor:name,:attribute
  
  def initialize(name)
    @name=name
    @attribute=Attribute.new("")
  end

  def get_name()
    return @attribute.name
  end
  
  def set_name(attribute_name)
    @attribute.name = attribute_name
  end
  
  def get_value()
    return @attribute.value
  end
  
  def set_value(value)
    @attribute.value = value
  end
end

class Attribute
  attr_accessor:name,:value
  
  def initialize(name)
    @name=name
  end
end

html_user=HtmlUser.new("div")
html_user.add_attribute("disabled","true")
puts html_user.output_html