Tbpgr Blog

Recruiting Operations tbpgr(てぃーびー) のブログ

CentOS6にgitoliteでGitサーバーを構築

概要

CentOS6にGitサーバーを構築します。
ここではリモートのGitを管理するために
gitoliteをセットアップします。

CentOS6にGitをインストール

yum install git

Gitにユーザーとメールアドレスを設定

git config --global user.name "ユーザー名"
git config --global user.email メールアドレス

gitoliteをインストール

下記コマンドでgitoliteをインストール

rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-5.noarch.rpm
yum install gitolite

サーバーに接続する側でSSH公開鍵の作成

ssh-keygen -t rsa

作成された公開鍵(id_rsa.pub)をサーバーの任意のフォルダに
アップロードする。

gitoliteのセットアップ

下記コマンドでgitoliteをセットアップ

chmod a+r /tmp/id_rsa.pub
su - gitolite
gl-setup /tmp/id_rsa.pub

.sh/configを作成

以下の内容でファイルを作成します。

host gitserver
    user gitolite
    hostname 192.168.XXX.XXX
    port 22
    identityfile ~/.ssh/id_rsa

サーバーからリポジトリを取得

git clone ssh://gitserver/testing

ローカルcygwinで適当にファイルを編集
その後、以下のコマンドでリモートにアップが可能となる。

git push origin master