Tbpgr Blog

Recruiting Operations tbpgr(てぃーびー) のブログ

vimコマンドリファレンス

vimコマンドについて。

<ノーマルモード>
■移動系コマンド

  • h = 左に移動
  • j = 下に移動
  • k = 上に移動
  • l = 右に移動
  • 0 = 行頭へ移動
  • w = 単語移動
  • e = 単語末尾移動
  • nw = 指定単語数分移動
  • ne = 指定単語数分移動(末尾へ)
  • $ = 行末まで移動
  • ge = 一つ前の単語の最後へ戻る = eの反対操作
  • gg = ドキュメントの最初に移動
  • G = ドキュメントの最後に移動
  • Ctrl+G = 位置情報の表示
  • nG = n行目まで移動
  • Ctrl+O = 前の場所へ戻る
  • Ctrl+I = 次の場所へ移動
  • Ctrl+u = 1ページ上移動
  • Ctrl+d = 1ページ下移動

■その他

  • a = 文字追加。append
  • A = 行末追加
  • b = 単語戻り = wの反対操作。back
  • c = 削除(バッファなし)。
  • d = 削除(delete)+バッファ
  • o = カレント行の下に行挿入+挿入モード
  • O = カレント行の上に行挿入+挿入モード
  • p = バッファの貼りつけ(put)
  • r = 1文字置換(replace)
  • R = 1文字以上の置換
  • u = やり直し(undo)
  • x = 一文字削除+バッファ
  • y = コピー(yank)
  • . = 繰り返し
  • Ctrl+R = やり直しのやり直し(redo)

■共通書式 = operator [number] motion = 例

  • dw = 単語削除
  • de = 単語の単語まで削除
  • d$ = 行末まで削除
  • dnw = n = 単語数 = 指定単語数一括削除
  • dd = 行削除

■検索

  • /word = 単語検索(前方)
  • ?word = 単語検索(後方)

  • 検索語はnで次の結果へ移動
  • 検索語はNで前の結果へ移動

■置換(substitute)

  • s/before/after = beforeをafterに変換(1番最初のみ)
  • s/before/after/g = beforeをafterに変換(行内全て)
  • %s/before/after/g = beforeをafterに変換(ドキュメント内全て)
  • %s/before/after/gc = beforeをafterに変換(ドキュメント内全て、確認付き)

<ビジュアルモード>

  • v = ビジュアルモードへ移行

<コマンドモード>
※コマンドモードはEscキーで移行。

  • Ctrl+[ でも代用可能。Escキーよりも押しやすい
  • :!cmd = 外部コマンドの実行

例 :!ls = ディレクトリリストの表示

  • :r filename = 指定ファイルの内容を挿入
  • :r !cmd = 指定コマンドの結果を挿入

例 :r !ls = ディレクトリリストをテキストとして挿入

★検索オプション

  • set オプション

set hls = ハイライトサーチ
set ic = 大文字、小文字無視
set noic = 大文字、小文字区別

  • :help cmd = コマンドのヘルプ参照

例 wのヘルプを参照 = :help w

  • Ctrl+D = 任意のコマンドで始まるコマンド一覧の表示
  • Ctrl+Z = viの編集を一時停止。fgで再開
  • TAB = コマンドおよびファイル名の入力補完

例 :e,Ctrl+D = eから始まるコマンドの一覧を表示
:ed,TABで:editが表示される

<その他>