Tbpgr Blog

Recruiting Operations tbpgr(てぃーびー) のブログ

djUnitの導入

■概要
djUnitとは、ユニットテストを安全かつ低コストで行うこと目的に開発されたEclipseプラグインです。

特徴として
カバレッジレポートが利用可能
・モックをテスト内に記述(仮想モックオブジェクト)出来る
従来のJUnitだけでは記述が難しいクラス間の関係が発生する部分や
意図的に例外を発生させたり出来る。

カバレッジレポート
コードのカバレッジ状況をJCoverageでレポートします。
設定によって、未テストの行にマーカーを表示することも可能なので
テストで実行されてない行が一目瞭然です。

▼仮想モックオブジェクト
例えば実コードに影響を与えないままBufferedReaderをnewした時に
FileNotFoundExceptionを発生させるようにしたり、
特定のユーティリティが常に固定値を返却するようにすることができます。

■インストール方法

※2012/01/03現在、Eclipse3.5版が最新になっている。Eclipse3.7環境で問題なく動作することを確認

  • djUnitプラグインにチェックをして次へを押下
  • インストール詳細が開くので次へを押下
  • ライセンスのレビューが開くので同意するを選択して完了を押下
  • Eclipseを再起動したらインストール完了です。

■設定

  • ビルドパスにplugin\jp.co.dgic.eclipse.jdt.djunit_0.8.6配下にあるdjUnit.jarを追加
  • プロジェクトのプロパティを開く
  • djUnitを選択し、カバレッジを使用するにチェック
  • 仮想モックオブジェクトタブを選択し、仮想モックオブジェクトを使用するにチェック
  • 適用を押下

以上で、カバレッジレポートと仮想モックオブジェクトの利用が可能になります。

■参照サイト
djUnit Wiki