Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

Circle CI

Circle CI で SimpleCov のカバレッジレポートを出力し、出力結果のリンクをSlackに通知する

Circle CI で SimpleCov のカバレッジレポートを出力し、出力結果のリンクをSlackに通知します。 Circle CI から Slack への通知は Slack の CircleCI Integration 機能で設定できますが、 この場合はビルドの通知が行われるだけで Artifact の情報を通知す…

Circle CI で SimpleCov のカバレッジレポートを出力する

Circle CI で SimpleCov のカバレッジレポートを出力します

Circle CIでRubyCriticを実行し、結果をHTMLとしてBuild artifactsに保存する

Circle CIでRubyCriticを実行し、結果をHTMLとしてBuild artifactsに保存します

Circle CIでESLintを実行し、結果をHTMLとしてBuild artifactsに保存する

Circle CIでESLintを実行し、結果をHTMLとしてBuild artifactsに保存します

Circle CI で ESLint のレポートを生成する

JavaScript + ESLint のプロジェクトで解析結果のレポートを設定します。 レポート未設定時のTest Summary サンプルコード index.js toString() の部分であえてセミコロンを省略しますa module.exports = { calc: function(number) { if (number % 15 == 0) …

Circle CIのBuild情報をSlackで通知する

CIのBuild情報をSlackに通知します。 ※この記事は個人メモとしての記事です。既出情報なので特に新規性・独自性はありません。 手順 Slack の Circle CI 連携画面を開く CircleCI Integration をクリックし、SlackのCircle CI連携画面へ遷移します。 通知先 …

Circle CIでRuboCopを実行し、結果をHTMLとしてBuild artifactsに保存する

Circle CIでRuboCopを実行し、結果をHTMLとしてBuild artifactsに保存します

Circle CI で bundle outdated を実行し、結果を JUnit xml にすることでレポートを生成する

Circle CI で bundle outdated を実行し、結果を JUnit フォーマットの xml にすることでレポートを生成します。 budle outdated 関連はいろんな人が自動化していて、特に新規性はないのですが JUnit フォーマットの xml を自前で作成してみるのを試したくて…

Circle CIでRubocopを利用する際のレポーティング設定をする

Ruby + Rubocop のプロジェクトで静的解析の結果をCircle CIで取り扱いたい場合、 rubocop-junit-formatter gem を使います。 前提 Circle CIでRubocopを利用する場合の基本的な設定は下記記事にまとめてあります。 紹介済みの内容はこの記事では取り扱いま…

Circle CI のテストで Mocha のテストレポートを生成する

JavaScript + Mocha のプロジェクトでテスト結果をCircle CIで取り扱いたい場合、 mocha-junit-reporter package を使います。 ※この情報は個人メモ的な内容であり、既出情報です。

Circle CI のテストで RSpec のテストレポートを生成する

Ruby + RSpec のプロジェクトでテスト結果をCircle CIで取り扱いたい場合、 rspec_junit_formatter を使います。 単にこの gem を追加しておけばよしなに出力してくれます。 ※この情報は個人メモ的な内容であり、既出情報です。

Ruby プロジェクト の Circle CI テスト+バッジ+rubocopの設定例

このメモは自分が参照するための個人メモです。 新規性は全くないので、特に参照する価値はありません。