Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

書評

「あれ、いいらしいよ」 - 書籍 クチコミデザインの読書雑感

クチコミデザインはSNS、ブログなどによるクチコミをどのように設計するか? という内容に関する書籍です。

書籍 LEAN ANALYTICSのまとめ

副業の現場で Re:dash 担当になったため、書籍 LEAN ANALYTICS を購入しました。 LEAN STARTUPには短いサイクルのフィードバックループが必須です。 LEAN ANALYTICSではループ中の計測にフォーカスしています。

プロダクトマネージャーのルーツであるトヨタの主査制度について書かれた書籍『「タレント」の時代』に関するまとめ

お仕事の関係で書籍『「タレント」の時代』を読んだので、そのまとめを書き残します。 「タレント」の時代はトヨタの主査制度(トヨタ流製品開発)に関する話です。 主査は最近 rebuild.fm でもよく話題にでているプロダクトマネージャーのルーツでもありま…

いい質問ですね~!いい質問は創造の種 - 書籍 Q思考

最近、「内発的動機づけを支援する」というテーマに個人的に取り組み始めました。 その過程で、そのうち「インタビュー」をやりたいなと考えており、インタビューに関わりそうな 書籍を選びたいと思っていた時にこの書籍が目に入りました。 購入後、本を買っ…

トヨタがやってるJKKって何?

JKK = JiKouteiKanri = 自工程完結です。 これ、DAIGO風のジョークとかじゃなくて書籍「トヨタの自工程完結」の書籍内に書いてあった略語です。 自工程完結ってなんぞ?という点については以降で説明します。 この記事は書籍『トヨタの自工程完結』の書評で…

アメとムチは逆効果?創造的な仕事を支える内的動機づけの3つの構成要素とは? - 書籍 モチベーション3.0

仕事に子育て。自分自身。モチベーションは行動の源泉力です。 一昔前は「アメとムチ」が効果的とされていましたし、現在もその視点で部下や子どもの育成に 取り組んでいる方もいると思います。 しかし、アメとムチは短期的な効果こそあれ、長期的には逆にモ…

Gameをデザインするg-デザインブロックとは? - 書籍 ゲームにすればうまくいく

書籍「ゲームにすればうまくいく」についてまとめます。 要約 この書籍ではビジネスに組み込むゲームの要素を9つにわけています。 これを g-デザインブロック という形で可視化しています。 以下が g-デザインブロック です。 この9つの各要素に関して、具体…

やりたいこと、やるべきこと、できることの面積どのくらいですか?-書籍「チームのことだけ、考えた。」の書評

サイボウズの青野社長の書籍「チームのことだけ、考えた。」の書評です。 モチベーション、コミュニケーションについて 「おー、なるほど」「うーん、ふむふむ」と感じた部分があり書評としてまとめることにしました。

元エニックス社員JUNZO氏の著書「人生ドラクエ化マニュアル Ⅰ・Ⅱ」で人生の発想を転換

ドラゴンクエスト好きですか? 人生をドラゴンクエストに置き換えて楽しむ方法を考えてみよう! そんな書籍があります。 元エニックス社員のJUNZOさんの著書で、すでにパート1・パート2がでています。 ここでは両書籍の概要説明と雑感を書きます。

書籍 GAMIFY で内的動機を刺激するしくみをつくる

システム開発の仕事は人が重要。 優れた手法やツール自体よりも、誰がそれを使うかのほうが重要であるケースのほうが多いと思います。 そして、優秀な人がモチベーションを高く保ち続ける組織。新たに参加したいと思える組織とはどんなものか考えてみました…

夢、ありますか?ザ・コーチで夢について知る

夢、ありますか? 私はけっこうな年齢のおっさんですが、未だに夢というものを持っていません。 そんな話をしていたところ、友人から書籍「ザ・コーチ」を紹介してもらいました。 ザ・コーチ - 最高の自分に出会える『目標の達人ノート』作者: 谷口貴彦出版…

究極的にはリモート以外もうまくいく方法がのっている書籍「リモートチームでうまくいく」

ITエンジニアに読んでほしい!技術書・ビジネス書 大賞(ITエンジニア本大賞) で 2015年ビジネス書部門 大賞を『「納品」をなくせばうまくいく』で 獲得した SonicGarden CEOの倉貫 義人さん。 期待の新作『リモートチームでうまくいく』を読みました。 リ…

Docker実践入門の出版社である技術評論社・著者中井悦司氏の良サポートに応じるべく、書評を書いてみることにした

Docker実践入門を読みました。とある事情により書評を書いてみることにしました。

寄藤文平先生の『数字のモノサシ』を読みました

寄藤文平先生の『数字のモノサシ』を読みました 概要 寄藤文平先生 の 「数字のモノサシ」 を読んでの感想

Rubyで作る奇妙なプログラミング言語 〜ヘンな言語のつくりかた〜

概要 Rubyで作る奇妙なプログラミング言語 〜ヘンな言語のつくりかた〜 の書評 構成 1 Esoteric Languageを知る 1-1 Ruby練習問題 1-2 サンプルプログラムに特化した言語、HQ9+ 1-3 8つの命令ですべてを記述する言語、Brainf*ck 1-4 決して印刷できない言語…

Masterminds of Programming 言語設計者たちが考えること 書評

概要 Masterminds of Programming 言語設計者たちが考えること 書評 構成 1章 C++ 2章 Python 3章 APL 4章 Forth 5章 Basic 6章 AWK 7章 Lua 8章 Haskell 9章 ML 10章 SQL 11章 Objective-C 12章 Java 13章 C# 14章 UML 15章 Perl 16章 PostScript 17章 Eiff…

GitHub実践入門 書評

概要 GitHub実践入門 書評 構成 1章 GitHubの世界へようこそ GitHubに関する基礎的な説明 2章 Gitの導入 Gitの基礎的な説明。集中型と分散型のバージョン管理ツールについて。 Gitのインストール・初期設定について。 3章 GitHubを利用するための準備 GitHub…

The Dream Team Nightmare: Boost Team Productivity Using Agile Techniques 書評

概要 The Dream Team Nightmare: Boost Team Productivity Using Agile Techniques 書評 詳細 アジャイルの適用に失敗して、何も成果物を産まず・開発者のモラルは低下し・ 品質に触れることはタブーになっているチーム=Dream Team。 そんなDream Teamを5日…

Build Awesome Command-Line Applications in Ruby2 書評

概要 Build Awesome Command-Line Applications in Ruby2 書評 詳細 Build Awesome Command-Line Applications in Ruby2 は RubyでAwesome = 素晴らしいCommand-Line Interface(以降CLI) アプリケーション(以降 App)を作る方法についてまとめてあります。以…

書籍 Rubyによるデザインパターンに関するまとめ

概要 書籍 Rubyによるデザインパターンに関するまとめ 一覧 パターンとRuby 章 URL/内容 よいプログラムとパターン デザインパターンの成り立ちなどについて Rubyをはじめよう Rubyの基本的な文法について。普段Rubyを日常的に使っているなら読み飛ばせる内…

Confident Ruby 書評

概要 Confident Ruby 書評 詳細 Confident Rubyでは「信頼できるRubyのコード」を書くためのテクニックを多数紹介しています。 まずメソッドの処理内容を以下の4つに分類しています。・Collecting Inputs(引数チェック、引数の変換など) ・Performing Work(…

書籍 Confident Rubyに関するまとめ

概要 書籍 Confident Rubyに関するまとめ 補足 Confident Rubyは英書なのですが、自分の英語力が低いため分かりにくい日本語だったり、 本来の意味とずれているかもしれません。 一覧 章 概要 URL Introduction メソッドの役割 http://d.hatena.ne.jp/tbpg/2…

説得とヤル気の科学 最新心理学研究が解き明かす「その気にさせる」テクニック

概要 『説得とヤル気の科学 最新心理学研究が解き明かす「その気にさせる」テクニック』 マインドマップ まとめ 人をヤル気にさせる要因を7つに分類しています。・帰属意識 ・習慣 ・物語の力 ・アメとムチ ・本能 ・熟達願望 ・心の錯覚それぞれについて、…

書評 実践Vagrant

概要 実践VagrantはVagrantの作者であるMitchell Hashimotoさんの著書の和訳版。 原書に加えて、 ・伊藤直也さんによるAWSでの利用方法 ・吉羽龍太郎さんによるVagrantプラグイン、Packerの紹介 などが追加されています。 構成 1章:Vagrantの紹介 2章:初め…

徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得

概要 書籍「徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得」について要点まとめ 詳細 1章 徒弟制度やアプレンティスシップ・パターンの概要。 2章 カップを空にする パターン和名 パターン英名 要約 最初の言語 Your First Language 一定のスキルを得るまではひとつの…

プログラマーのためのサバイバルマニュアル

概要 技術面、ヒューマンスキル、組織についてなど多角的に プログラマーとしてのノウハウの仕事を書いた書籍。 内容 1部:プロフェッショナルのプログラミング 2部:人としてのスキル 3部:企業の世界 4部:未来に向かって で構成される。それぞれ過去の名…

アート・オブ・コミュニティ | 風通しの良いコミュニケーション

パンくずリスト アート・オブ・コミュニティ 風通しの良いコミュニケーション 概要 風通しの良いコミュニケーションについて コミュニケーションの手段 コミュニケーションの分類 ・受信のためのコミュニケーション ・発信のためのコミュニケーション ・内部…

アート・オブ・コミュニティ | コミュニティ計画

パンくずリスト アート・オブ・コミュニティ コミュニティ計画 概要 コミュニティ計画について 内容 コミュニティTODOリスト 項目 内容 チームの分割方法を決める プログラマー、ドキュメント作成等各関心分野ごとのチームに分割する チーム間のコミュニケー…

アート・オブ・コミュニティ

概要 人はコミュニティと密接に関わります。 そのコミュニティを円滑にしたり、課題を解決する方法について まとめられた書籍です。 主にコミュニティの運営者をターゲットとした内容ですが、 コミュニティに所属していて、課題を持つものであれば役に立つ内…

小飼弾のアルファギークに逢ってきた

概要 アルファギーク(=いい意味で、先鋭的で飽きっぽいエンジニア byTim O'Reilly)と 自身もアルファギークの一人である小飼弾さんとの対談を書籍にしたもの。 元はWEB+DB PRESSの記事。 対談リスト ※気になった対談を抜粋 Ruby on Rails開発者 David Hei…

書評管理

概要 技術書、その他書評の管理。 書評管理はブクログに引越ししました http://booklog.jp/users/tbpgr下記の書評は残しておきます。 一覧 ※随時更新。新しく読んだ書籍ほど上にあり。 書籍名 一言 おすすめ度(☆5段階) 表紙 IMPACT MAPPING -- ☆☆☆☆ Rubyで…

『プログラマー現役続行』の書評

概要 柴田芳樹さんのプログラマー現役続行の書評。 内容 人の重要性 システム開発は人が行うものであり、開発者の技術力よって生産性は 大幅に変わる。どんなツールも、開発手法も技術者の技術力の変数を 超えることはない。 評価 日本のシステム開発会社は…

パターン、Wiki、XP 時を超えた創造の原則

概要 デザインパターン、Wiki、XP(エクストリームプログラミング)に共通する起源 について書かれた本。 それぞれ独立した要素のように見えて実は建築家アレグザンダーの 建築原理を元にしています。 建築家アレグザンダー アレグザンダーは建築には「無名の…

企画脳

概要 AKB、おニャン子、とんねるず等今更説明も不要な秋元康さんの本。 企画者、仕掛け人として実績を残している秋元さんがどのような考えで 企画を作っているかが分かる一冊。要点を簡単にまとめると 長所を持て。平均点は何も無いのと同じ 独創性と視点。…

アジャイルサムライ書評

アジャイルサムライの書評です。 アジャイル関連で個別に記述した記事と重複する箇所もあるかと思います。■各章の概要 アジャイル入門 ざっくり分かるアジャイル開発 アジャイルな開発は短期間でのイテレーションを軸に、 継続して動作する成果物を提供する…

日本のソフトウェア産業がいつまでもダメな理由

平成20年初版とちょっと古い書籍ですが、年末年始に古本屋で購入した 「日本のソフトウェア産業がいつまでもダメな理由」に関する書評です。一定期間以上のシステム開発の経験があるものなら誰でも頷けるような内容がまとめてあります。■概要 ソフトウェア会…

情熱プログラマー

■各章の構成 市場を選ぶ 自分が投資するスキル市場の選択、環境、リスクとリターンなどについて。 継続して投資を続けること。 市場の動向を読み今後流行るであろう技術への投資を惜しまないこと。 読みが外れたとしてもその経験自体が自分への投資になる。 …

達人プログラマー/七章 プロジェクトを始める前に

達人プログラマーの七章に関するまとめ 要求の落とし穴 要求定義の際に留意すべき事項について。 要求はもらうもではなく掘り起こすもの。 要求はドキュメント化し、Webでいつでも誰でも閲覧出来るようにする。 UMLはあくまで概要。詳細な仕様は階層構造のテ…

達人プログラマー/六章 コーディング段階

達人プログラマーの六章に関するまとめ 偶発的プログラミング 仕様も曖昧。設計も曖昧。そんな状態で作成したプログラムは 一見動いているように見えても問題を起こす可能性が大きい。 慎重なプログラミングを行うことでこれを回避する。 明確な仕様。設計。…

達人プログラマー/五章 曲げるか壊すか

達人プログラマーの五章に関するまとめ 結合度の最小化とデメテルの法則 結合度の低いプログラムは作業分割、保守性、テストの用意性など様々な面で有用である。 メタプログラミング プログラムから詳細を排除し、可能な限りメタな状態にして詳細は設定ファ…

達人プログラマー/四章 妄想の達人

達人プログラマーの四章に関するまとめ 契約による設計 クラス・メソッドに対して事前条件、事後条件、不変表明などをまとめる。 理想はiContractなどを仕様してプログラムで実際にチェックを行うこと。 それが不可能でもコメントとして記述しておくだけでも…

達人プログラマー/三章 基本的なツール

達人プログラマーの三章に関するまとめ プレインテキストの威力 目で見て意味が分かるテキストの有用性。 人が見てわかること。 データの加工、流用が容易。 テスト化の容易さ。 貝殻(シェル)遊び シェルは小さいツールの組み合わせであり、その組み合わせ…

達人プログラマー/二章 達人のアプローチ

達人プログラマーの二章に関するまとめ 二重化の過ち DRY原則(Dont Repeat Yourself)の重要性と対処法 直交性 設計以外も含めた直交性の重要性。 各個別要素の変更が他に影響を与えないようにする。 可逆性 可逆性のある設計をしておけば、DBの変更のよう…

マインドマップ勉強法

マインドマップを学習する場合におすすめの書籍 友人への紹介用にリンクを。マインドマップ勉強法 脳を飛躍的にパワーアップする技術作者: トニー・ブザン,ブザン教育協会,近田美季子【監訳】出版社/メーカー: アスペクト発売日: 2011/02/25メディア: 単行本…

達人プログラマー/1章 達人の哲学

IT系技術書の定番『達人プログラマー』の読書開始。 同著者が書いているリファクタリング・ウェットウェアが面白かったので期待して 読書を開始したが、こちらもなかなか良い。 達人の哲学 責任感 失敗に対して言い訳はしない。原因を分析し、対策をたてる。…

Java The Good Parts

Javaの基礎を復習しようということでO'rerillyの 『Java The Good Parts』を購入。Javaの言語の特性・利点を簡潔にまとめた書籍。 以下、要約。 型システム 3つの型 クラス すべてのクラスはオブジェクトを継承 レイアウトの定義 フィールド メソッド 継承 …

頭のいい説明「すぐできる」コツ

書籍名:頭のいい説明「すぐできる」コツ 著者:細野充茂さん 出版社:知的生き方文庫自分の説明下手にうんざりして購入。 どうにも説明が長いので、まずは短くまとめることに意識を置こう。 説明のフロー 列挙:複数要素がある場合は項目数を伝える 話しの…

ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方

仕事が忙しいため、限られた時間で効率的な学習が必要。 ということで、目についた文庫を購入しました。著者『苫米地英人』さんの提唱するハイサイクルリーディングは ・文字を一字一句落とさずに速く読む方法 である。速読をする上で重要なことは「知識」で…