Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

書評

「あれ、いいらしいよ」 - 書籍 クチコミデザインの読書雑感

クチコミデザインはSNS、ブログなどによるクチコミをどのように設計するか? という内容に関する書籍です。

書籍 LEAN ANALYTICSのまとめ

副業の現場で Re:dash 担当になったため、書籍 LEAN ANALYTICS を購入しました。 LEAN STARTUPには短いサイクルのフィードバックループが必須です。 LEAN ANALYTICSではループ中の計測にフォーカスしています。

プロダクトマネージャーのルーツであるトヨタの主査制度について書かれた書籍『「タレント」の時代』に関するまとめ

お仕事の関係で書籍『「タレント」の時代』を読んだので、そのまとめを書き残します。 「タレント」の時代はトヨタの主査制度(トヨタ流製品開発)に関する話です。 主査は最近 rebuild.fm でもよく話題にでているプロダクトマネージャーのルーツでもありま…

いい質問ですね~!いい質問は創造の種 - 書籍 Q思考

最近、「内発的動機づけを支援する」というテーマに個人的に取り組み始めました。 その過程で、そのうち「インタビュー」をやりたいなと考えており、インタビューに関わりそうな 書籍を選びたいと思っていた時にこの書籍が目に入りました。 購入後、本を買っ…

トヨタがやってるJKKって何?

JKK = JiKouteiKanri = 自工程完結です。 これ、DAIGO風のジョークとかじゃなくて書籍「トヨタの自工程完結」の書籍内に書いてあった略語です。 自工程完結ってなんぞ?という点については以降で説明します。 この記事は書籍『トヨタの自工程完結』の書評で…

アメとムチは逆効果?創造的な仕事を支える内的動機づけの3つの構成要素とは? - 書籍 モチベーション3.0

仕事に子育て。自分自身。モチベーションは行動の源泉力です。 一昔前は「アメとムチ」が効果的とされていましたし、現在もその視点で部下や子どもの育成に 取り組んでいる方もいると思います。 しかし、アメとムチは短期的な効果こそあれ、長期的には逆にモ…

Gameをデザインするg-デザインブロックとは? - 書籍 ゲームにすればうまくいく

書籍「ゲームにすればうまくいく」についてまとめます。 要約 この書籍ではビジネスに組み込むゲームの要素を9つにわけています。 これを g-デザインブロック という形で可視化しています。 以下が g-デザインブロック です。 この9つの各要素に関して、具体…

やりたいこと、やるべきこと、できることの面積どのくらいですか?-書籍「チームのことだけ、考えた。」の書評

サイボウズの青野社長の書籍「チームのことだけ、考えた。」の書評です。 モチベーション、コミュニケーションについて 「おー、なるほど」「うーん、ふむふむ」と感じた部分があり書評としてまとめることにしました。

元エニックス社員JUNZO氏の著書「人生ドラクエ化マニュアル Ⅰ・Ⅱ」で人生の発想を転換

ドラゴンクエスト好きですか? 人生をドラゴンクエストに置き換えて楽しむ方法を考えてみよう! そんな書籍があります。 元エニックス社員のJUNZOさんの著書で、すでにパート1・パート2がでています。 ここでは両書籍の概要説明と雑感を書きます。

書籍 GAMIFY で内的動機を刺激するしくみをつくる

システム開発の仕事は人が重要。 優れた手法やツール自体よりも、誰がそれを使うかのほうが重要であるケースのほうが多いと思います。 そして、優秀な人がモチベーションを高く保ち続ける組織。新たに参加したいと思える組織とはどんなものか考えてみました…

夢、ありますか?ザ・コーチで夢について知る

夢、ありますか? 私はけっこうな年齢のおっさんですが、未だに夢というものを持っていません。 そんな話をしていたところ、友人から書籍「ザ・コーチ」を紹介してもらいました。 ザ・コーチ - 最高の自分に出会える『目標の達人ノート』作者: 谷口貴彦出版…

究極的にはリモート以外もうまくいく方法がのっている書籍「リモートチームでうまくいく」

ITエンジニアに読んでほしい!技術書・ビジネス書 大賞(ITエンジニア本大賞) で 2015年ビジネス書部門 大賞を『「納品」をなくせばうまくいく』で 獲得した SonicGarden CEOの倉貫 義人さん。 期待の新作『リモートチームでうまくいく』を読みました。 リ…

Docker実践入門の出版社である技術評論社・著者中井悦司氏の良サポートに応じるべく、書評を書いてみることにした

Docker実践入門を読みました。とある事情により書評を書いてみることにしました。

寄藤文平先生の『数字のモノサシ』を読みました

寄藤文平先生の『数字のモノサシ』を読みました 概要 寄藤文平先生 の 「数字のモノサシ」 を読んでの感想

Rubyで作る奇妙なプログラミング言語 〜ヘンな言語のつくりかた〜

概要 Rubyで作る奇妙なプログラミング言語 〜ヘンな言語のつくりかた〜 の書評 構成 1 Esoteric Languageを知る 1-1 Ruby練習問題 1-2 サンプルプログラムに特化した言語、HQ9+ 1-3 8つの命令ですべてを記述する言語、Brainf*ck 1-4 決して印刷できない言語…

Masterminds of Programming 言語設計者たちが考えること 書評

概要 Masterminds of Programming 言語設計者たちが考えること 書評 構成 1章 C++ 2章 Python 3章 APL 4章 Forth 5章 Basic 6章 AWK 7章 Lua 8章 Haskell 9章 ML 10章 SQL 11章 Objective-C 12章 Java 13章 C# 14章 UML 15章 Perl 16章 PostScript 17章 Eiff…

GitHub実践入門 書評

概要 GitHub実践入門 書評 構成 1章 GitHubの世界へようこそ GitHubに関する基礎的な説明 2章 Gitの導入 Gitの基礎的な説明。集中型と分散型のバージョン管理ツールについて。 Gitのインストール・初期設定について。 3章 GitHubを利用するための準備 GitHub…

The Dream Team Nightmare: Boost Team Productivity Using Agile Techniques 書評

概要 The Dream Team Nightmare: Boost Team Productivity Using Agile Techniques 書評 詳細 アジャイルの適用に失敗して、何も成果物を産まず・開発者のモラルは低下し・ 品質に触れることはタブーになっているチーム=Dream Team。 そんなDream Teamを5日…

Build Awesome Command-Line Applications in Ruby2 書評

概要 Build Awesome Command-Line Applications in Ruby2 書評 詳細 Build Awesome Command-Line Applications in Ruby2 は RubyでAwesome = 素晴らしいCommand-Line Interface(以降CLI) アプリケーション(以降 App)を作る方法についてまとめてあります。以…

書籍 Rubyによるデザインパターンに関するまとめ

概要 書籍 Rubyによるデザインパターンに関するまとめ 一覧 パターンとRuby 章 URL/内容 よいプログラムとパターン デザインパターンの成り立ちなどについて Rubyをはじめよう Rubyの基本的な文法について。普段Rubyを日常的に使っているなら読み飛ばせる内…

Confident Ruby 書評

概要 Confident Ruby 書評 詳細 Confident Rubyでは「信頼できるRubyのコード」を書くためのテクニックを多数紹介しています。 まずメソッドの処理内容を以下の4つに分類しています。・Collecting Inputs(引数チェック、引数の変換など) ・Performing Work(…

書籍 Confident Rubyに関するまとめ

概要 書籍 Confident Rubyに関するまとめ 補足 Confident Rubyは英書なのですが、自分の英語力が低いため分かりにくい日本語だったり、 本来の意味とずれているかもしれません。 一覧 章 概要 URL Introduction メソッドの役割 http://d.hatena.ne.jp/tbpg/2…

説得とヤル気の科学 最新心理学研究が解き明かす「その気にさせる」テクニック

概要 『説得とヤル気の科学 最新心理学研究が解き明かす「その気にさせる」テクニック』 マインドマップ まとめ 人をヤル気にさせる要因を7つに分類しています。・帰属意識 ・習慣 ・物語の力 ・アメとムチ ・本能 ・熟達願望 ・心の錯覚それぞれについて、…

書評 実践Vagrant

概要 実践VagrantはVagrantの作者であるMitchell Hashimotoさんの著書の和訳版。 原書に加えて、 ・伊藤直也さんによるAWSでの利用方法 ・吉羽龍太郎さんによるVagrantプラグイン、Packerの紹介 などが追加されています。 構成 1章:Vagrantの紹介 2章:初め…

徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得

概要 書籍「徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得」について要点まとめ 詳細 1章 徒弟制度やアプレンティスシップ・パターンの概要。 2章 カップを空にする パターン和名 パターン英名 要約 最初の言語 Your First Language 一定のスキルを得るまではひとつの…

プログラマーのためのサバイバルマニュアル

概要 技術面、ヒューマンスキル、組織についてなど多角的に プログラマーとしてのノウハウの仕事を書いた書籍。 内容 1部:プロフェッショナルのプログラミング 2部:人としてのスキル 3部:企業の世界 4部:未来に向かって で構成される。それぞれ過去の名…

アート・オブ・コミュニティ | 風通しの良いコミュニケーション

パンくずリスト アート・オブ・コミュニティ 風通しの良いコミュニケーション 概要 風通しの良いコミュニケーションについて コミュニケーションの手段 コミュニケーションの分類 ・受信のためのコミュニケーション ・発信のためのコミュニケーション ・内部…

アート・オブ・コミュニティ | コミュニティ計画

パンくずリスト アート・オブ・コミュニティ コミュニティ計画 概要 コミュニティ計画について 内容 コミュニティTODOリスト 項目 内容 チームの分割方法を決める プログラマー、ドキュメント作成等各関心分野ごとのチームに分割する チーム間のコミュニケー…

アート・オブ・コミュニティ

概要 人はコミュニティと密接に関わります。 そのコミュニティを円滑にしたり、課題を解決する方法について まとめられた書籍です。 主にコミュニティの運営者をターゲットとした内容ですが、 コミュニティに所属していて、課題を持つものであれば役に立つ内…

小飼弾のアルファギークに逢ってきた

概要 アルファギーク(=いい意味で、先鋭的で飽きっぽいエンジニア byTim O'Reilly)と 自身もアルファギークの一人である小飼弾さんとの対談を書籍にしたもの。 元はWEB+DB PRESSの記事。 対談リスト ※気になった対談を抜粋 Ruby on Rails開発者 David Hei…