Tbpgr Blog

Ruby プログラマ tbpgr(てぃーびー) のブログ

コミュニケーション

口頭タスク管理 vs メールタスク管理 vs タスク管理ツール

タスク管理ツールが存在する生活に慣れた皆様におかれましては、 失われてしまったかもしれない、口頭やメールベースでタスクが管理されている状況について比較してみることにしました。 タスク管理の価値を再確認しましょう。

「相手のことを考える」という9文字の大切さと適用範囲の広さについて考えた

「相手のことを考える」 たった 9 文字ですが、すごく大切だと感じています。 仕事、私生活、社会生活、オンラインのやりとり。 様々な場面で「相手のことを考える」ことができるかどうかで、 そこから生まれるポジティブ・ネガティブな結果や感情は大きくか…

ユーザーのためのコピーをつくるUX Writer というお仕事について

UX Writer について知りたいと思い、 Web で集まる情報を元にまとめつつ、 自分の経験と照らし合わせて雑感をまとめます。

質問・依頼には背景と目的を添える

質問・依頼には背景と目的を添えるとよりよい答えを得られやすく、 添えないとよりよい答えを得る機会を損失する可能性があります。

知らずに敵を増やすかもしれない「コーダー」という言葉の使用

コーダーという名前には2つの意味と1つの誤用が存在します。 これにより、安易に「コーダー」という言葉を使うと知らず知らずのうちに敵を作る可能性があります。 このことについてまとめます。

相手の目的を踏まえたテキストコミュニケーション

相手の目的を踏まえたテキストコミュニケーションについて考えます。

さくせん「じかんをだいじに」を発動しつつ、不明点を確認する作戦

さくせん「じかんをだいじに」を発動しつつ、不明点を確認する作戦についてまとめます。

3段階で 12.5% の確率で伝達に成功するエスパー組織について考えてみた

曖昧なコミュニケーションが横行している組織について考えてみましょう。 例えば、 コンテキストを省略して説明する 確認可能な事実を確認せず予想で行動する 定義が曖昧な言葉を使う 暗黙の期待をする 仕様を決めないで設計を依頼する のようなものです。

「あいつはDRYなやつだよね」「「確かに」」 - 多義性とミスコミュニケーション

誰かと話をしていて、どうも話が噛み合わない。 そんなとき、多義性をもった言葉の誤認識が発生していないでしょうか?

ググラビリティの低い「対話(ダイアログ)」の情報のフックをかき集めた

対話は一般に2人の会話によって進行される叙述形式のことを指しますが、 この記事での対話は書籍 「学習する組織」 で出てくるような合意を作り出し、相互理解を深めるものを指します。 ほぼリンクを集めただけの記事なのですが、 対話という言葉のググラビ…

パネルクイズアタック25の「海外旅行チャレンジVTRクイズ」で学ぶハイコンテキストなコミュニケーション

アタックチャンス!(ハイコンテキストな序文)