Tbpgr Blog

元エンジニア 人事 tbpgr(てぃーびー) のブログ

2014-04-22から1日間の記事一覧

TbpgrUtils | 追加要件 MarkdownString#heading2 追加

概要 追加要件 MarkdownString#heading2 追加 詳細 追加要件 MarkdownString#heading2 仕様 ・Markdownのhearding2を出力します ※より詳細についてはGitHubのREADMEおよびテストケース参照 GitHub https://github.com/tbpgr/tbpgr_utils Rubygems http://rub…

RSpec | rspec metadata | user define metadata

概要 rspec metadata | user define metadata 詳細 context, itに任意の内容のキーと値を設定すると example.metadata[:key]で、該当の設定値を取得できます。ネストして定義した場合は、オーバーライドすることになります。 hige_spec.rb require 'spec_hel…

RSpec | rspec metadata | described_class

概要 rspec metadata | described_class 詳細 described_class変数でトップレベルのdescribeにクラスが設定されていた場合、 該当クラスを取得できます。 hige_spec.rb require 'spec_helper' require 'hige' describe Hige do it "hige1" do puts described…

RSpec | rspec helper | define helper method int module

概要 rspec helper | define helper method int module 詳細 Helperをmoduleで作成し、RSpec.configureに設定することで 複数のspec間で流用することができます。 lower.rb module Lower def lower(text) text.downcase end end spec_helper.rb require 'low…

RSpec | rspec hook | before/after

概要 rspec hook | before/after 詳細 rspecのhookについて。 before/afterフックは各exampleの処理前後に処理を追加することができます。 引数に「:each」「:all」のどちらかを指定することで1回だけ実行するか、 各exampleごとに実行するか設定できます。…

RSpec | rspec command | テスト順のランダム化

概要 rspec command | テスト順のランダム化 詳細 rspec command実行時に、spec_helperに config.order = 'random' の設定を行うことで各テストケースをランダムな順序で実行します。 この設定を行った場合、テスト実行終了時に乱数の種(seed)が表示されま…

RSpec | rspec helper | let

概要 rspec helper | let 詳細 letはexample内で変数を利用したい場合に使います。 beforeで@xxxなどで変数を利用する場合との違いは、lazy loadであることです。 subject { インスタンス } 構成 $ tree ┣ lib | ┗ hige.rb ┗ spec ┣ hige_spec.rb ┗ spec_he…

RSpec | rspec | 明示のsubject

概要 rspec | 明示のsubject 詳細 明示的に初期化する場合は下記の構文を利用します。 subject { インスタンス } 構成 $ tree ┣ lib | ┗ hige.rb ┗ spec ┣ hige_spec.rb ┗ spec_helper.rb hige.rb # encoding: utf-8 class Hige attr_accessor :msg def ini…

RSpec | rspec | 暗黙のsubject

概要 rspec | 暗黙のsubject 詳細 rspec実行時にExample内でsubjectを利用できます。 subjectはデフォルトではトップ階層のdescriptionのインスタンスです。 (descriptionがネストしている場合でもトップ階層のインスタンスが設定されます) descriptionに…

Ruby | Integer | times

概要 Integer#times 詳細 self 回だけ繰り返します。 self が正の整数でない場合は何もしない。 またブロックパラメータには 0 から (self - 1) までの数値が渡される。 サンプルコード # encoding: utf-8 5.times {puts "hoge"} 0.times {puts "@@@@"} 5.…